ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「葬式」一覧 (287件)

怖い顔の女の子が来てるわよ

2020/10/24

日曜の昼過ぎ、縁側に敷布団をしいて2歳の息子を胸に乗せ昼寝をしていた。しばらく経った時、急に胸に息子以外の重みがグッとのしかかった。(苦しいなあ。娘(4歳)が乗って来たのかなあ。それにしては重いなあ)何故か意識が朦朧として体が動かない。目を薄っすらと開けて見ると、…

続きを読む前にランキングをクリック

病院で撮った最後の写真

2020/08/18

ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんは、まだその子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろうと思い、病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。結局それから一週間ほどで急に容体が…

続きを読む前にランキングをクリック

夜叉苦

2020/07/23

今年、自分の地元では過去に前例の無い大雪が降って建物とか畑のハウスが幾つも倒壊した。その中で共選所も倒壊したのだが、そこには御宮というか神様を祭っている建物と、災害時の集合等にも使う広場がある。今回の大雪はあまりにも積雪量が多く、とても個人では除雪できるレベルではなかった…

続きを読む前にランキングをクリック

後女(うしろおんな)

2020/06/15

中1の夏でした。私の祖母の一番上の兄、泰造さんが亡くなりました。といっても、私は泰造さんとは殆ど面識がなかったのですが、夏休みということもあり、両親と共にお葬式に出掛ける事になり、私はそのとき初めて泰造さんの屋敷を訪れたのでした。そこは某県の山奥、大自然に囲まれた、ま…

続きを読む前にランキングをクリック

着信履歴を見ればいいんじゃない?

2020/04/18

もう7,8年くらい前なんです。従兄妹の祖母が亡くなられたので、私はその家の手伝いに駆り出されました。私とは関係の薄い、いわゆる姻族の方です。従兄妹の祖母とは、おそらく会ったことはない。もしかしたら2、3回話したことがあるかもしれない、というような認識の方だったので…

続きを読む前にランキングをクリック

かんのけ坂

2020/03/28

今年の2月に起きた本当の話。そろそろ自分の中でも整理ができてきたので投下する。今大学4年で就職も決まり学校生活も落ち着いたので、念願の車の免許を取るべく免許合宿に行ったんだ。俺の地元は近畿なんだが、合宿場所は中国地方だった。そこで地元が同じである4人の大学生…

続きを読む前にランキングをクリック

山の中で撮った写真に写ってる霊

2020/03/27

つい最近の事なんだが、何年か前に山の中で撮った写真が変だった子供が2人写ってる写真なんだが、どう見てもその片方に沢山の手の形をした影が巻きついてるみたいにしか見えなかっただけど昔はそんなの見えなかったのを覚えてるあと、それを見たらものすごく気分が悪くなったた…

続きを読む前にランキングをクリック

田所君の怪談

2020/01/14

初めて投下します。小学生のころ、同級生だった「田所君」(仮名)の話。田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。学校の図書館を「根城」(当時は意味が分からなかった)と呼び、本の読みすぎですでにメガネをかけていた。…

続きを読む前にランキングをクリック

おじいちゃんのお通夜

2019/12/19

当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聞きながらマターリとしてたんです。それでちょっと眠くなってきた頃に、ドアがノックされて「おい、○○(←俺の名前)そろそろお坊さんが来るから、こっち来とき」と、父に呼ばれ、おじいちゃんの遺…

続きを読む前にランキングをクリック

青い浴衣の男がしがみついている

2019/12/18

トラックの運転手をしている私の友人の体験談。石川県の、とある高速道路を走行中、ひとつ前をはしっている乗用車の屋根に何か大きな物がはりついていました。なにぶん夜中なのでビームライトにしてよく見てみると、青い浴衣を着た角刈りの男がしがみついている。もしかしたら人がのっか…

続きを読む前にランキングをクリック

おかっぱ頭の女の子

2019/12/15

先日、祖母の葬式のために生まれ故郷を訪れた。そこは山と畑しかないような、いわゆる寂れた山村だ。私が小学生の時に両親と市内に引っ越したために脚が遠のき、さらに大学に通うのに東京に出たため、そこを訪れるのは実に10年振りだった。葬式が終わり、一人で子供の頃と少し様子の…

続きを読む前にランキングをクリック

未練

2019/11/06

GW中に爺様婆様の家に行った。婆様は看護婦だった。私「何か怖い話しない?」婆様「う~ん、ないねぇ。何号室の誰々さんが出たとか、解剖の後に人魂が・・・とか聞いたけどねぇ」私「そっかぁ」婆様「ナースステーションに何人かでいたときカラカラって病室のドアが開く…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS