ネット上に存在する怖い話を読みやすくまとめました

「坊さん」一覧 (21件)

かるさん

2020/09/25

私には双子の姉がいます。これは私達が10歳の頃の冬休みに、家族揃って父の実家へ泊まりに行った時の話です。そこへ行くのは本当に久しぶりで、年の近い親戚や祖父母に会える事がとても楽しみだったのですが、まさかあんな怖い事が起こるだなんて思いもしませんでした。父の実家…

続きを読む前にランキングをクリック

この部屋なにか気味が悪いわ

2020/09/10

友人Mが大学生だったころのお話です。名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。ところが、条件がよい物件はことごとく契約済みで、大学よりかなり離れたところにようやく一件見つけることができました。とても古い木造アパートで、…

続きを読む前にランキングをクリック

この世には触れちゃいけないものがある

2020/07/27

中学もまもなく卒業。高校受験も半年後に控えている。といったタイミングで修学旅行がありました。この時ばかりは、受験間近でいつもピリピリしているクラスメイト等も楽しそうにしていた記憶があります。さて、自分が産まれた家は、私の宗派と関係ない寺や神社に絶対に入ってはいけない、…

続きを読む前にランキングをクリック

夜叉苦

2020/07/23

今年、自分の地元では過去に前例の無い大雪が降って建物とか畑のハウスが幾つも倒壊した。その中で共選所も倒壊したのだが、そこには御宮というか神様を祭っている建物と、災害時の集合等にも使う広場がある。今回の大雪はあまりにも積雪量が多く、とても個人では除雪できるレベルではなかった…

続きを読む前にランキングをクリック

山の中で撮った写真に写ってる霊

2020/03/27

つい最近の事なんだが、何年か前に山の中で撮った写真が変だった子供が2人写ってる写真なんだが、どう見てもその片方に沢山の手の形をした影が巻きついてるみたいにしか見えなかっただけど昔はそんなの見えなかったのを覚えてるあと、それを見たらものすごく気分が悪くなったた…

続きを読む前にランキングをクリック

おじいちゃんのお通夜

2019/12/19

当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聞きながらマターリとしてたんです。それでちょっと眠くなってきた頃に、ドアがノックされて「おい、○○(←俺の名前)そろそろお坊さんが来るから、こっち来とき」と、父に呼ばれ、おじいちゃんの遺…

続きを読む前にランキングをクリック

お稲荷さん

2019/11/10

10年程前父の田舎へ行きました。N県の山中です。従兄弟達と夜はお約束で怖い話になりました。そろそろネタも尽きてきた従兄弟のお兄ちゃんに私がもっともっととせがむと、「実はお隣の奥さんの話なんだけど・・・」と話そうとしました。そのとたんその従兄弟の妹が、「お兄ちゃん、…

続きを読む前にランキングをクリック

箱の中の少女

2019/10/21

十年以上前の話です。当時、私の祖父は腕の良い建具職人でした。私はそんな祖父の仕事ぶりを眺めるのが好きで、よく仕事場に出入りしていました。その日、私はいつものように祖父の家を訪れ、落ちている木ぎれを拾って遊んでいました。目の前で、祖父が作業台の前に座って黙々と仕事をしています…

続きを読む前にランキングをクリック

リゾートバイト

2019/10/18

まずはじめに言っておくが、こいつは驚くほど長い。そしてあろうことか、たいした話ではない。死ぬほど暇なやつだけ読んでくれ。忠告はしたので、はじめる。これは俺が大学3年の時の話。夏休みも間近にせまり、大学の仲間5人で海に旅行に行こうって計画を立てたんだ。計画段階で、仲間の…

続きを読む前にランキングをクリック

部屋の真ん中辺りに何かいた

2019/10/14

そこまで面白いことでもないし、長くしないように気をつけるが多少は目をつぶって欲しい。何かに取り憑かれたり狙われたり付きまとわれたりしたら、マジで洒落にならんことを最初に言っておく。もう一つ俺の経験から言わせてもらうと、一度や二度のお祓いをすれば何とかなるって事はまず無い。長…

続きを読む前にランキングをクリック

渦人形

2019/10/14

高校の頃の話。高校2年の夏休み、俺は部活の合宿で某県の山奥にある合宿所に行く事になった。現地はかなり良い場所で、周囲には500m~700mほど離れた場所に観光地のホテルやコンビニなどがあるだけで他には何も無いけれど、なんか俺達は凄くわくわくしてはしゃいでいたのを覚えている。…

続きを読む前にランキングをクリック

三角地は縁起が悪くて商業には向かない

2019/10/10

実家の近くに賃貸マンションがある。狭い三角地に造られたから世帯数は25ぐらい。三角地は縁起が悪くて商業には向かない。必ず潰れる。だからか、建てられるまえは墓石屋さんの無人展示場になってて、隅には無縁さんの墓石が積んであった。俺のオヤジは石工だったから、墓石の扱いについて…

続きを読む前にランキングをクリック

病院の改築中

2019/10/05

十年くらい前、埼玉で病院の改築したときの話。解体工事中にまだ事務所を構えてなかったから、解体予定の診察室Aに仮に事務所を構えて仕事をしていた。家が遠かったし若かったから帰るのもめんどくさくて、しょっちゅうその街で呑んで事務所で寝ていた。ある夜、いつものように呑んで事務所に戻…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS