ネット上に存在する怖い話を読みやすくまとめました

おすすめの怖いサイト

にほんブログ村 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)

助手席に座っていた女

2020/08/06

トラック乗りの頃、FMラジオが好きで毎日聴きながら爆走していた。すると、車のFM無線らしき声が 俺のトラックのラジオに混ざってきた。バックミラーを覗くと2台のライトがグングン近付いてくる。俺は「あいつらの無線だな。丸聞こえだぞオイ」と、暇な旅路。少しワクワクした。…

続きを読む前にランキングをクリック

呪怨ボイス

2020/08/05

最近よくやるイタズラ。俺の自宅兼事務所の電話には、マンションなどのセールスの電話が掛かってきていた。それもリストに載ってしまったせいか、一日に10回以上なんてこともざらにあった。自宅で仕事をしているため、これでは仕事にならない。電話が掛かってきて、しつこく食い…

続きを読む前にランキングをクリック

問題があるんだよ、たすけ

2020/08/04

わり、今ちょっとやばいことあった。今かなり混乱してるし、文才もないし携帯から書き込んでるから、変な文章になるかもしれないけど突っ込まないでくれ。居間でロンハー見終わって自分の部屋入って勉強しようと思ったのが10時5分前くらいだった。10時10分に友達からメール来てコン…

続きを読む前にランキングをクリック

かわいそう、かわいそう

2020/08/03

去年の体験談です。3月に引っ越してまもなく1年になりますが、このマンションの住人に変な人がいて困ってます。元々学生寮に住んでいたので多少音楽の音が大きくても誰も気にしませんでした。そういう勝手でこのマンションでも音を大きくして音楽を聴いていたのですが、やはり…

続きを読む前にランキングをクリック

白いワンピース女

2020/08/02

幽霊とかじゃないんですけど、私が子供の頃(今から15年くらい前)夜中になると近所に奇妙な人が出没してました。私の家って住宅街のなかの袋小路にあるんですけど、夜中の2時半から3時にかけて、いつも家の外でガシャガシャって音が聞こえてました。家族にいったら「気に…

続きを読む前にランキングをクリック

俺の服を着ていた

2020/08/01

俺が大学受験に向けて夜中まで勉強をがんばっていた頃の話。あれは深夜の二時くらいだったかな?きりの良いところまで問題集を解いた俺はいつもの気晴らしをするために外に出たんだ。その気晴らしってのは素っ裸で町内をひたすら走り回るんだけど、その日は寒かったから凍傷にならな…

続きを読む前にランキングをクリック

あなたの友達?

2020/07/31

去年実際に体験した話です。僕は友達とルームシェアしているのですが、その日はサークルの飲み会がありかなり酔っ払って帰宅しました。同居人はもう寝ていましたが部屋にはテレビを見ている若い男がいて、見たことのない人だったのですが前にもよくあったことなので「○○…

続きを読む前にランキングをクリック

死亡まであと何日

2020/07/30

働いている病院で先日あったことなんだけどね。ある程度の年齢で癌になったりすると本人の受容もできるもんだけど、若いうちに癌になるといくら徐々に悪くなってきていても受容できない人が多いもんで。そういうかんじであまり家族と仲良くない独身男性が余命宣告されたのに身辺整理も…

続きを読む前にランキングをクリック

ガムの笑い話

2020/07/29

もう20年くらい前の中学生の時に聞いた話。小学生の時からとても仲の良かった友人二人が学校帰りに、近所の小さなスーパー前を通りかかったときにこんな事があったそうだ。大学生風の大人の男の人から声をかけられた。「ガムあげるよ」二人は子供ながらに怪しみもせず喜んで…

続きを読む前にランキングをクリック

タツノオトシゴの人形

2020/07/28

大学で民俗学のフィールドワークをしていたころの話だ。民俗学専攻の学生はどこか一つの村に住み込んで村の伝承を調べさせられるんだけど、おれが行った(地図を見て適当に選んだ)A村には、行ってみるとよくわからない伝承があった。伝承というより信仰なんだ。あちこちの家に行くんだが…

続きを読む前にランキングをクリック

この世には触れちゃいけないものがある

2020/07/27

中学もまもなく卒業。高校受験も半年後に控えている。といったタイミングで修学旅行がありました。この時ばかりは、受験間近でいつもピリピリしているクラスメイト等も楽しそうにしていた記憶があります。さて、自分が産まれた家は、私の宗派と関係ない寺や神社に絶対に入ってはいけない、…

続きを読む前にランキングをクリック

小さい頃遊んでもらっていたお兄さん

2020/07/26

多分小学に上がる前くらいの話。近所には一緒に遊ぶような友達もいなかったのだが、Yというお姉さんともう一人イニシャルも覚えていないお兄さんがいた。Yさんの事はなんとなく顔も覚えているのだがお兄さんのことはついさっきまで忘れていた。妙に気になって、母親と父親に昔の…

続きを読む前にランキングをクリック

エノケンの歌

2020/07/25

田舎の話を書く。小さい頃住んでた田舎の公園に、よく紙芝居屋が来ていた。高齢で、60前後に見えた。昭和の終わりにもなって紙芝居ってのもなかなかの話だった。レトロブームが来る前のことで、酔狂なひとが趣味でやっているのでもないらしかった。もう、昭和30年代からずっと…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS