ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「バイク」一覧 (295件)

人の目を見ないAさん

2020/11/08

私の彼氏の知り合い(以下Aさん)がめちゃくちゃ霊感強いAさんは今はもう丸くなったんだけど、元ヤンで全然霊とか信じるタイプじゃなかったでもなんとなく「ここ嫌だな」とかは感じる人だったみたい高校卒業してて中古のバイク屋さんで働きだしたんだけど、そこの店長がめちゃくちゃ霊感…

続きを読む前にランキングをクリック

赤継沼

2020/11/06

私(女)はバイクが趣味でよく暇が出来れば直ぐにでも何処かへ旅立ってしまう。今回も東北方面へバイクで走っている時の事だった。ちょうど夕方になり雲行きも怪しく徐々に暗くなり始めたので近くでテントを張れるような場所を探していた。いつも旅する時はテントを持ち歩き景色の良い場所で…

続きを読む前にランキングをクリック

ここの地下室には間違いなく何かいる

2020/10/09

長くなるけど、少し我慢して聞いて欲しい。3年位前から為替を始めたんだが、向いていたんだか、ラッキーだったんだかで、4000万の原資が6億ちょいまで増えたんだ。なんで、親孝行も兼ねて、丁度売りに出てた隣の家を買い、元々住んでた家ともども更地にして二世帯型の住居を建てることに…

続きを読む前にランキングをクリック

幽霊にありがとう

2020/10/03

私は衣料品の縫製をおこなう会社に勤めていて、その日は外部の縫製工場にお願いしていた製品を回収するために、2tトラックを運転していました。これは、その帰り道での出来事です。その外部の縫製工場までは会社から片道40分ほどの距離で、ガードレールの先が深い崖になっている…

続きを読む前にランキングをクリック

俺の身代わり

2020/06/23

大学時の先輩のお兄さんの話。お兄さん(オレ)目線でカキコします。オレが高校生の頃の話。自転車乗ってたら事故に合ってしまい脚を複雑骨折し、入院する事になった。いろんな人が見舞いにきてくれた。ある日、親父の古い友人(寺の住職/以下:住)が来てくれたんだけど、い…

続きを読む前にランキングをクリック

日本にいないはずのものが憑いている

2020/05/03

今から20年近く前、長野県中部をツーリング中に側道を見つけて、気まぐれに入りました。道は農道らしく、畑と森の広がるのどかな風景の場所につながっていました。景色を堪能しながらトロトロ走っていると、轍の間に溜まった泥で滑って派手に転倒しました。幸い擦り傷で済みましたが、バイクを立…

続きを読む前にランキングをクリック

何度も見る世界

2020/01/20

俺は昔から何回か見ていた夢の話。夢の中ではっととび起きるんだが、家中探索したも誰もいない(実家暮らし)。明晰夢(?)みたいに自分の意識はあるのになんの音も聞こえなくて、すごく不安になってオロオロするっていう夢。たいていは親に揺さぶられて起きる。夢日記つけてるせいっ…

続きを読む前にランキングをクリック

地図の赤い点

2020/01/17

怖さのレベルで言えば低いかもだが、以前体験した思い出を...。バイクでソロツーリングで山間部を走るのが好きなんだがある時に山肌にへばりつくような集落をみつけ 凄い立地だなーと感心しながら奥へ奥へと走ってたら植林地の杉林の中に畳が二畳分くらいの白い布が結びつけてある木が…

続きを読む前にランキングをクリック

バイクに立つ白い老人

2019/12/31

断っておきますが、実話です。私、山超えのバイクツーリングをしていた時に、3台のバイクが私を追い抜いて行きました。すると3台目の後ろの席に、白い寝巻きを着たおじいさんが立っているではないですか!びっくりしました。サーカスなら分かるのですが、ツーリングしてるのに、常…

続きを読む前にランキングをクリック

雑居ビルの4階

2019/11/22

私は今年の夏はずっとバイトをしようと決めてました。夜は警備員のバイトをしてそのまま朝、新聞配達をして寝るという生活が続きました。ある日、社員の人が「10分ほど行った所にあるビルなんだけどちょっと異常があったから見回ってくれない?バイト代に色付けるから」と言…

続きを読む前にランキングをクリック

マウンテンバイク

2019/10/21

宮崎県に住むものなんですが先日かなりすごい集落を発見してしまいました先週の土曜日に友人と2人で、サイクリングに行った時でした。その日は、今まで行ったことのない方ない方へと道を進んでいこうということになったんです。たぶん場所としては、青島から、北郷町あたりだと思うんですが道…

続きを読む前にランキングをクリック

おじゃま道草

2019/10/19

7年前の6月、夜10時ごろ、自宅の電話がなりました。いつになく、どきっとする音だったのを覚えています。ミュージシャンの馬場君からでした。「どうもオカシイ、口では説明できない。夜分申し訳ないが、来てみてほしい」とのこと。馬場君はバンドの合宿所として、川越に近い、ある一軒家に…

続きを読む前にランキングをクリック

地下の丸穴

2019/10/17

これは17年前の高校3年の冬の出来事です。あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、わずかに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や会話などは勝手に補足や修正をしていますが、できるだけ誇張はせずに書いていきます。私の住んでいた故郷は、…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS