「お墓」一覧 (134件)

祠がある沼の底から出てきたもの

2020/03/02

3年前に山に囲まれた大きめの沼の埋め立てを請け負ったんだけど人工沼で周りも人工湿地帯だったのねまずは水抜しないと重機入らないからって事でバイパス作って抜いた訳沼の中央には祠があるのも気持ち悪かったんだけど水抜が終わる頃によくお墓にある戒名とかが書いてある木が底から…

続きを読む前にランキングをクリック

墓を大きくするとその分連れて行かれる

2020/03/01

あんまり怖くないかもしれないけど個人的に怖い出来事だったから投下する実家は山の中の田舎だが近所に見栄っ張りで有名な家族がいた。特におばあさんが見栄っ張りで息子や孫の自慢話ばかりすることで近所から嫌われていた。ある日、そのおばあさんがうちの祖母に「私の家は名家だから…

続きを読む前にランキングをクリック

知らないおばあちゃん

2020/01/21

こわい話と言うか御相談なんですが、御盆に家族で実家のお墓参りに行った際、息子(3歳)が、帰りに誰かにバイバイの仕草をしまして、回りには他の参拝者も見当たらず、お墓の祖父(息子の曾祖父)にむけてバイバイしたのかなっとその時はあまり気に停めてなかったんですが。後日息子に、私「…

続きを読む前にランキングをクリック

お前の子供に会わせろ

2019/12/16

4年ほど前でした。祖母が危篤との知らせを受けて、親戚が集まりました。田舎の小さな病院なので、大人数いても居場所に困るため、祖父と伯母を病院に残して祖父母の家に待機することになりました。家に着いたらもう真夜中でした。父は、飼っている犬が放って置かれてかわいそう…

続きを読む前にランキングをクリック

肝試しを兼ねた旅行

2019/12/05

この間の肝試しの話。俺は女顔のためによく冗談で可愛いと言われてしまう。男の子だからやめてくれって言い続けてたんだが、バイト先でずっといじられるものだから男の子らしいところを見せてやろうと肝試しに行くことになった。どこに肝試しに行くか品定めしてたところ、トンネルやお墓…

続きを読む前にランキングをクリック

交通事故で亡くなった友Aが残したノート

2019/10/07

今現在恐い話。リアの頃から仲良しで、10年近くずっと一緒に同人していた友Aが交通事故で亡くなった。夜中に車運転して、カーブ曲がりきれずに壁に激突。ほぼ即死だった。四十九日過ぎた頃、Aのお母さんから連絡あって、「Aの部屋を整理してたらこれがあった」と、一通の茶封筒を渡された…

続きを読む前にランキングをクリック

おぶってきたご先祖

2019/09/08

ある女性歌手が子ども時代の、実家だか爺婆ちゃんの田舎だかでのお盆の話。地方なので、家々のまわりの畑や田んぼの中に、先祖代々の墓があるような土地。そこのお盆の風習で、集まった親戚の中で1番年少者が、夜、提灯を持って一族の墓の前に行き、墓石に背を向けてしゃがみ、ご先祖の霊を『おん…

続きを読む前にランキングをクリック

冷やし中華食べたい

2019/09/06

大好きだった祖母が自宅で亡くなったんだけど、その後は時々、台所と奥の寝室を往復する足音がお盆やお彼岸に聞く事があった。祖母は糖尿でよく喉の渇きを訴えていて、でもボケてた事もあり水を飲むのに何度も廊下を往復していた。そんな祖母が数年前に夢の中に出てきて、「○ちゃん(私)、冷やし…

続きを読む前にランキングをクリック

山道の頂上

2019/09/02

小学生の頃、塾に通ってたんだ。確か夜6時から9時ぐらいまでだった。でも塾の日は見たいTVがあって、いつも急いでチャリで帰ってた。帰り道は、西に山があり東に川がある決して広いとは言えない道だった。ある日、なんとなく「山抜けたら早く帰れるかも」って思ったんだ。位置的にも家は…

続きを読む前にランキングをクリック

仏壇の後ろに扉

2019/08/19

父方実家が九州の山の奥です。お墓を移すことになったので、ついでに母屋もつぶす話が決まりました。叔母から、「昔の本やマンガ(といっても昭和初期ですが)があるから、欲しかったら壊す前に取りにおいで」と言われて、こないだの連休に車で行きました。父も叔母に呼ばれて同行しました。「…

続きを読む前にランキングをクリック

一族の墓

2019/07/23

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳頃に体験した話。嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理されておらず、古い墓が寺の本堂側とか半分林の中とかにもある。今は多少綺麗に並んでいるけれど、以前はもっと散在してたらしく、もうちょっと一族の墓をまとめましょう、ということになったらし…

続きを読む前にランキングをクリック

ヒゲもじゃ

2019/07/17

5才くらいの頃の体験なんだけど、白い着物(ローブ?装束?)を着たヒゲもじゃの外国人のおじさんの家に、よく遊びに行っていた。それが夢なのか実際に行ったのかはよくわからない。そのおじさんの家には同年代くらいの子たちがたくさん遊んでいて、人見知りの私は輪に入れずポツンと…

続きを読む前にランキングをクリック

半端なお墓

2019/07/13

うちの実家の墓地には一人ずつ、あるいは夫婦単位で墓があって、ズラッと並んでる。その中に一つだけ、墓石が中途半端で、上の柱状の石がなく、下の基礎部分っぽい歪な石しかない墓がある。名前も掘られてない。幼いころから不思議だったけど、お墓の事を根掘り葉掘り聞くのも気が引け…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

アクセスランキング

RSS