ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「手紙」一覧 (151件)

女の忘れ物

2022/03/27

コンビニでバイトしてた時の話。一人の女性がコピー機の上に忘れ物をしていった。綺麗な包装紙で可愛いリボンがしてあるお土産のような物を。すぐその女性は戻ってきたが、忘れ物を捜すわけでもなくただ買い物をして出て行く(ここでウチの店員が忘れ物を返しそびれる)その忘れ物を…

続きを読む前にランキングをクリック

地下のまる穴

2022/02/17

これは17年前の高校3年の冬の出来事です。あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、わずかに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や会話などは勝手に補足や修正をしていますが、できるだけ誇張はせずに書いていきます。私の住んでいた故郷…

続きを読む前にランキングをクリック

10年ごとに来る男

2022/02/03

職場にパートの主婦の人Kさんがいるんだけど、その人の話。その人がうちに事務パートで来たのは4年くらい前。元々正社で15年位事務やってた人で、仕事も慣れててすぐに職場に馴染んでくれた。で、うちは会社向けの品物を卸している卸問屋になるんだけど、ある日、全然知らない中年…

続きを読む前にランキングをクリック

異常に嫉妬深い彼女

2021/11/26

異常に嫉妬深い彼女に別れ話を持ちかけた。やさしい人だったが妙にネガティブでさびしがり屋だった。本格的に付き合いだしてはじめて彼女の異常さに気付いた。俺の携帯がなるたびに誰からなのか何の話だったか執拗に問い詰める。休日には必ず自分と一緒にいるように強制。やむを…

続きを読む前にランキングをクリック

馴染みのおっちゃん

2021/10/06

それでは早速。この話を公表するのはじめてです。社会人になりたての頃、学生時代の仲間数人で海辺の民宿に泊まり込んだ時の出来事。新社会人のプレッシャーを忘れ、学生気分でダラダラ過ごそうと企画されたお気楽一泊。日中、存分に海水浴を楽しんだ後で俺たちは宿に戻り、たそがれ時の…

続きを読む前にランキングをクリック

右腕が無い幽霊

2021/09/05

自分が小学3年生だったころの担任にS先生って先生がいた若い先生でちょっとだらしない所があったけど子供好きだったのか昼休みにクラスの子供達と遊んだりする先生で主に男子生徒に人気がある先生だったある日の昼休みにS先生と自分と他の2人の4人で遊んだ後の遊具を片付けていると校…

続きを読む前にランキングをクリック

真っ黒い石

2021/08/05

霊感とかそんなもん無いと思うが、実体験を書いておきます。というか僕と友人の話しなのですが、どちらかというと友人の方が霊感みたいなものがあったんだろうと思います。ひょっとして怖くないかも知れません。最初に言っておきます。長くなります上に、文章へたくそなので面倒な人はスルーしてくだ…

続きを読む前にランキングをクリック

ペロペロおじさん

2021/07/14

昔住んでたアパートのこと。ロフト付き木造の1階、日当たりもまあまあで3年ほど住んでたんだ。風呂トイレ別、リビング、ロフト、廊下にキッチンのフツーの一人用住宅って感じ。窓の外は空き地だったけど、引っ越す直前にはまたアパートが建つみたいだった。引っ越す原因を話すと必ず…

続きを読む前にランキングをクリック

サリーさんのよく当たる占い

2021/02/23

30年程前から地元の駅前に夜になるとたまに現われる占いの婆さんがいた。その婆さんの占いはよく当たると評判で、地元の人間達は彼女を「サリーさん」と呼んで親しんだ。※(魔法使いサ〇ーが由来と思われ、某メリーさんとは関係ない)いつも閉店後の銀行の前に簡素な机と椅子、そして提灯に「…

続きを読む前にランキングをクリック

初めての子

2021/02/20

モデルハウスの案内をしていた時の話。こう話すと、ずいぶんいい所に勤めてるんだなとか言われるがそうではない。新興地のモデルハウスを車で見て回るような場合は本社社員だろうが、休養地を利用していくつものモデルハウスを立てている場合、案内に当たるのは請け負い事業の社員だ。その日俺…

続きを読む前にランキングをクリック

清楚な娘の濡れた肌

2021/01/17

若い男が旅をしていました。日が暮れるまでに宿のある町に到着するつもりでしたが、男は道を間違えて淋しい山奥に入りこんでしまいました。男は仕方なく野宿を覚悟しました。そんな男の前に農作業の帰りらしい老婆が現れ、声をかけてきました。「良かったらうちへ泊まりませんか?孫娘に食…

続きを読む前にランキングをクリック

カエルのキーホルダー

2020/12/22

俺が中学生のときに体験した話。あれは確か中2の夏だったと思う。部活も入ってなかった俺は授業は終わったらすぐ帰るいわゆる帰宅部ってやつだったんだが、その日いつものようにすぐ帰ろうと下駄箱の蓋を開けると、なかにあれ?と思うものが入ってたんだ。それは親指サイズのカエルを模したキ…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS