ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「トンネル」一覧 (219件)

呪われた金庫

2021/07/27

4月に体験した事です。実話なのであまり怖くないかもしれませんが、個人的には怖かったので書き込ませていただきます。やや田舎の方に住んでいるのですが免許も無いので、最寄りのコンビニに行くのは常に徒歩。コンビニに行くためには30mくらいの森のトンネルみたいな所を抜けなくてはなり…

続きを読む前にランキングをクリック

ヤツシ君はいません

2021/07/15

都合たった5日前の話で、九州に旅行に行ってたんだ。バイトの金がたまったから軽装で、一人で。昼間に飯を食いに行ったところの周辺の雰囲気がすごく好みだった。少し山を登ったところにあるけど道の両脇が小さい林になってて、空気がうまかったんだよね。正直することもない気楽な一…

続きを読む前にランキングをクリック

暗渠探検

2021/07/07

みなさん、暗渠(あんきょ)って知ってますか?地下にある川のことで、普段は大きな地下通路として都市の下にあります。雨水管や地下鉄と繋がっていて、大雨時には放水路になります。私たちが学生の頃、そこを探検するのが流行っていました。東京のとある大河川の暗渠によく潜ってい…

続きを読む前にランキングをクリック

夜行列車で見たもの

2021/06/29

以前・・・と言っても10年以上前の話ですが、現役バリバリの鉄チャンだった頃の実体験です。北海道の北東地域、オホーツク海に面した街、網走から夜行列車に乗って札幌へ向かう途中でした。ご存じの方も多いでしょうが、タコ部屋と称する強制労働従事者により敷設された石北本線という路…

続きを読む前にランキングをクリック

天下茶屋峠

2021/05/11

おとといのことです。9連休まっただ中。何もすることがなく社員寮でウダウダしていたのですが同期の同僚4人でドライブがてら富士急ハイランドへ行きました。メンバーは、運転手のオレ、助手席のA、後部座席右側B、左側C。全員が県外出身で今年の4月に今住んでいる寮に入った仲間です。…

続きを読む前にランキングをクリック

地下鉄の運転席

2021/04/07

つい先日洒落にならん体験をしたので書いていいですか。俺、通勤に地下鉄を使ってるの。いつも仕事が昼過ぎに始まるんで、ラッシュに揉まれることもなく、まあ快適な通勤なわけ。降りた先の駅の階段の都合で、先頭車両がいつもホームポジションで、運転席の脇から、うねうね続くトンネ…

続きを読む前にランキングをクリック

手に刃物を持って睨んでいる女

2021/03/04

私がよく使う歩行者用トンネルの話です。そのトンネルは地下を通る長い道で出入り口は坂になっており、照明のつかない昼間だと中は薄暗く出入り口が不自然に明るい不気味な場所でした。わたしがソレに遭遇した時も照明がつかない昼間でした。タイル張りの道はこつこつと足音を…

続きを読む前にランキングをクリック

雨音

2021/01/09

その晩は雨が強く降っていた。現場に着き、心霊トンネルの手前で車を脇に寄せ、一時停車。その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。「恐い場所だ」という先行イメージのせいもあるだろうが。しばらく休憩の後、ゆっくりと車を進めトンネルに進入開始。こういう体験は始めてなので…

続きを読む前にランキングをクリック

昔田舎で起こった災い

2020/10/08

これを誰かに話すのははじめてなんだが、暇な奴は聞いてくれ。俺が小学5年の頃の話だ。東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはたいてい俺一人だったが、初孫だった俺を祖父母はいつ…

続きを読む前にランキングをクリック

呪われた研究室

2020/09/05

これは私が関東地方のある国立大学で助手をしていたときに実際に経験した話である。このようなことが続くと、何事もうまくいかないのが世の常であるから、いまは退職して別の仕事に就いている。思い出すだけでも気が滅入る話を書き記そうと思う。私が勤務していた研究室には、…

続きを読む前にランキングをクリック

港区の白金にまつわる実話

2020/07/18

知る人ぞ知る港区の白金トンネル。幽霊が出るって有名な場所だ。実際、なんか気味が悪いんだよね、あの辺って。(住んでる人ゴメン)で、この間叔父さんから聞いた話。都内で小さな商店を持ってる叔父さんは、その夜、店も終わり仕事関係の人に持っていく物があったので、車で五反…

続きを読む前にランキングをクリック

時を超えて届いた手紙

2020/07/03

東京に上京している専門学校生の友人から聞いた話です。千葉県…といっても比較的東京寄りの地域に住んでいる女性がいました。彼女は気立てがやさしく正義感の強い、25歳程の女性(A子さんとします)で、5歳年上の会社員の彼氏と同姓しており彼女自身も東京の都心に近い場所にある会社に某私鉄…

続きを読む前にランキングをクリック

合宿所で見てしまったもの

2020/01/27

先に言っとくけどわたし自身は霊感なし。あと長い&文章ヘタすまん。高1の夏休みの時の話。当時わたしはバスケ部のマネージャーをしてた。わたしの他にマネージャーは2年生のA先輩の計2人。そんで4日間の日程で合宿があったんだ。細かい場所は覚えてないんだけど…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS