「悲鳴」一覧 (481件)

石碑の下

2020/01/13

こないだ夕方犬の散歩に行った時の話。いつもは近所を一回りして帰ってくるだけなんだけど、その日は何故か足を延ばしてみたくなって山の方へ向かった。その山は家から歩いて15分ほどのところにあり、さほど高くはなく、散歩には持って来いの規模だが今まで登ったことはなかった。…

続きを読む前にランキングをクリック

ドアノブがガチャガチャと

2019/12/10

503: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 11/25(土) 07:25実話だからあんま怖くないけど。高校の時の修学旅行。何故か知らないがクラスに一人は霊感の強い子っているよね。その例にもれずうちのクラスにもそういう子がいて同じ部屋になったんだ。その子がその…

続きを読む前にランキングをクリック

奇行が目立つ隣人

2019/12/02

未遂で終わったけど今までで一番怖かった話やたらと推測が多いけれど堪忍してほしい小学校3年くらいだった頃、一時期俺は小さなマンションで暮らしていた。爺ちゃんから譲ってもらった家をリフォームするとかで、期間としてはだいたい半年くらいだったかな。古くてかび臭いマンシ…

続きを読む前にランキングをクリック

ささやき声

2019/11/17

数年前、職場で体験した出来事です。そのころ、ぼくの職場はトラブルつづきで、大変に荒れた雰囲気でした。普通では考えられない発注ミスや、工場での人身事故があいつぎ、クレーム処理に追われていました。朝出社して、夜中に退社するまで、電話に向かって頭を下げつづける日々です。当然、ぼ…

続きを読む前にランキングをクリック

落ちている髪の毛

2019/10/23

長文になると思うので面倒な人はスルーしてください。ちょうど一昨年の今ぐらいの時期なんだが、大学のサークルの友人Aが引っ越しをするので手伝ってくれと言ってきた。お礼に寿司をおごってくれるって言うのとAには世話になっている事もあって俺は二つ返事で了解した。引っ越し当日、現場には…

続きを読む前にランキングをクリック

姦姦蛇螺

2019/10/22

小中学の頃は田舎もんで世間知らずで、特に仲の良かったA、Bと三人で毎日バカやって荒れた生活してたんだわ。オレとAは家族にもまるっきり見放されてたんだが、Bはお母さんだけは必ず構ってくれてた。あくまで厳しい態度でだけど、何だかんだ言ってBのためにいろいろと動いてくれてた。その…

続きを読む前にランキングをクリック

猿夢

2019/10/19

私は、夢をみていました。昔から私は夢をみている時に、たまに自分は今、夢をみているんだと自覚する事がありました。この時もそうです。何故か私は薄暗い無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思いました。すると急に駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。そ…

続きを読む前にランキングをクリック

リゾートバイト

2019/10/18

まずはじめに言っておくが、こいつは驚くほど長い。そしてあろうことか、たいした話ではない。死ぬほど暇なやつだけ読んでくれ。忠告はしたので、はじめる。これは俺が大学3年の時の話。夏休みも間近にせまり、大学の仲間5人で海に旅行に行こうって計画を立てたんだ。計画段階で、仲間の…

続きを読む前にランキングをクリック

地下の丸穴

2019/10/17

これは17年前の高校3年の冬の出来事です。あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、わずかに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や会話などは勝手に補足や修正をしていますが、できるだけ誇張はせずに書いていきます。私の住んでいた故郷は、…

続きを読む前にランキングをクリック

パンドラ・禁后

2019/10/12

私の故郷に伝わっていた「禁后」というものにまつわる話です。どう読むのかは最後までわかりませんでしたが、私たちの間では「パンドラ」と呼ばれていました。私が生まれ育った町は静かでのどかな田舎町でした。目立った遊び場などもない寂れた町だったのですが、一つだけとても目を引くものがあ…

続きを読む前にランキングをクリック

病院の二人部屋からうなり声

2019/10/01

前勤めてた病院での話。夜中に巡回してたら、二人部屋からうなり声が。二人部屋の一人は入院したてで症状が重く、全然意識ないおじさんA。もう一人も時々弱くうなるだけで、1ヶ月ずっと夢の中にいる寝たきりのおじいちゃんB。Bさんがうなったのかな?と思い訪室すると、寝たきりのはずのB…

続きを読む前にランキングをクリック

チケットを取るのに連れと徹夜していた

2019/09/26

大昔の話だが、かなり変わったドッペルゲンガーを体験した。ウドー音楽事務所主宰の某バンドの初来日公演のチケットを取るのに、連れと徹夜していた。朝になり、チケット発売が始まったので、連れは並んでいる列の前に前にと一人どんどん進んでいった。俺は気分が悪かったので、連れが…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

アクセスランキング

RSS