ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「悲鳴」一覧 (502件)

漫画のアシスタントをしていた時に

2021/01/19

4年ほど前、売れない漫画家をしていた時に某マイナー系の雑誌でそこそこ人気のあった漫画家さんのところに3日間という約束でアシスタントをしに行ったときの話です。引っ越したばかりの狭いながらも新築で綺麗で清潔そうなマンションで、その漫画家先生も修羅場の割には穏やかだし、先輩のアシ…

続きを読む前にランキングをクリック

10cmくらいの人間

2021/01/13

ある4人家族がとある地方の旅館に宿泊。深夜に娘か母親がトイレで惨殺されているのが発見された。全身を刃物で滅多刺しにされ、顔面は誰だか判別がつかなくなる程斬り付けられていた。死体には舌がなかった。トイレには格子のついた幅30cm、高さ10cm程の窓と小さな通風孔があったが、とて…

続きを読む前にランキングをクリック

ヒグマと遭遇した登山パーティ

2020/11/21

北海道という土地は昔から「ヒグマ」という問題を抱えている。本州の人間からすればピンとこないんだろうが、北海道の山を歩き回る時は熊鈴は必須、クマスプレーという武器(?)も重要なアイテム。ヒグマはカナダなど外国の方が大量に生息しているイメージがあるが、実は世界中どこを探しても…

続きを読む前にランキングをクリック

赤継沼

2020/11/06

私(女)はバイクが趣味でよく暇が出来れば直ぐにでも何処かへ旅立ってしまう。今回も東北方面へバイクで走っている時の事だった。ちょうど夕方になり雲行きも怪しく徐々に暗くなり始めたので近くでテントを張れるような場所を探していた。いつも旅する時はテントを持ち歩き景色の良い場所で…

続きを読む前にランキングをクリック

オサガミ様

2020/10/26

老人や、都会の人の孤独死の話を聞いて思い出して眠れないので一つ。私が子どもの時、オサガミ様を見た話。子どもの時、親が共働きだった私は近所のおじさんのとこによく遊びに行ってたんだ。おじさんと言っても親戚でも無くたまたま公園で知り合っただけの人だったんだけど。おじさん…

続きを読む前にランキングをクリック

仮眠していた場所

2020/10/23

もう10年くらい前の話なんだけど、当時働いていた職場は変則的なシフトでその日は昼過ぎから21時という勤務だった。翌日から土、日、月という三連休の前の晩ということでテンションが上がりまくっていた。給料日だったし些細な日常の小さな幸せってやつだ。俺は運転免許を取るのが割に遅く…

続きを読む前にランキングをクリック

汚れたワイシャツを探す男

2020/10/16

日本がまだまだ貧しかった、昭和31年の話。東京E区に住んでいたA子さんが近所の小川で、1枚のワイシャツを拾った。ちょっとした汚れはあったけど、洗えば落ちそうだし、綺麗にして父親にあげようと彼女はそれを持ち帰った。今なら考えられない事だけど、当時の庶民の生活水準からすれば…

続きを読む前にランキングをクリック

合宿所の女子トイレ

2020/10/04

私が高校生の時の体験談です。小学校から高校までバスケットをしていた私は、通っていた高校で毎年夏の合宿がありました。朝から晩まで練習の日々で、ミーティングは夜中まで続きました。3泊4日の合宿での最終日。その日はミーティングもなく最終日ということもあり、練習も早めに終わりました…

続きを読む前にランキングをクリック

旧校舎の女の子

2020/09/23

とある学校で、旧校舎から女の子が見ている、という噂が広がった。その学校には使われていない3階建ての旧校舎が、校庭を挟んで新校舎と向かい合わせに建てられていた。旧校舎はもう数十年は使われておらず、先生から入る事は禁じられている。その旧校舎の3階の一番端の教室に、女の子…

続きを読む前にランキングをクリック

目をそらしちゃいけないよ

2020/09/15

ある高校がF県に修学旅行に行ったそうです。A君は友達数人で作った班で自由行動を楽しんでいました。しかし、A君はなれない土地のためか、班がいっしょのB君といっしょにその班からはぐれてしまいました。迷ううちにどんどん繁華街から離れてしまい、A君とB君は丁度…

続きを読む前にランキングをクリック

市松人形の怪

2020/08/25

押し入れに一体の市松人形が眠っていた。厳重に包まれて桐の箱に大事そうに入っていおりその為あって保存状態はすばらしく良かった。長く黒い髪、白い肌、赤い蝶の刺繍が入った着物。これは高く売れると質屋に持っていった。質屋もその人形をたいそう気に入りガラス窓の一番目につ…

続きを読む前にランキングをクリック

出る物件

2020/08/15

俺が家を出て一人暮らしをしようと、不動産屋さんといろいろ家をみて回った日の事。いろいろ見て回った何軒かめのアパート。それまで気さくに話してた不動産屋さんが何やらぎこちない。懐に手を入れて案内してくれた。なんかこう、外国の刑事が銃を抜くような感じで。靴を脱…

続きを読む前にランキングをクリック

呪怨ボイス

2020/08/05

最近よくやるイタズラ。俺の自宅兼事務所の電話には、マンションなどのセールスの電話が掛かってきていた。それもリストに載ってしまったせいか、一日に10回以上なんてこともざらにあった。自宅で仕事をしているため、これでは仕事にならない。電話が掛かってきて、しつこく食い…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS