ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「押入れ」一覧 (152件)

スリッパがない

2021/05/27

私が体験した話。中学の修学旅行で、京都に行った時のこと。ある旅館(ホテルかも)に宿泊した。そこはかなり大きくて、高台に本館があり川か谷を挟んで別館が建っていました。私達は別館の方に宿泊しました。かなりこじんまりした簡素な部屋でした。荷物を片付け部屋を出ようとしたら…

続きを読む前にランキングをクリック

占いおばさん

2021/05/26

家の近所に、主婦業の傍ら、手相占いもしているというおばさんがいた。”御狐様の御告げ”と称するその占いはなかなかよく当たると評判で、遠方からも少なからず人が訪ねてきていたようだが、そのおばさんは決してその占いを”商売”にしようとはせず、謝礼なども頑として固辞し続けていた。そ…

続きを読む前にランキングをクリック

人の殺し方を教えてやる

2021/05/20

またどこぞの古い家の話。数子はある旧家の長女だった。旧家らしく、いろんなしきたり、決まりごとがあって、小さい子供には非常に住みにくい家だった。親戚もたくさんいて、盆や正月には多くの者たちが本家である数子の家に集まってきた。本家の筋に近く、年齢が上の者ほど偉く振舞う…

続きを読む前にランキングをクリック

薄汚れたコンパクト

2021/05/10

信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。小学校時代からの友人で、現役の住職をやってるやつがいる。私自身は霊感なんてこれっぽちも持ち合わせていないのだが、こいつのせいで何回かありえない現象にあっている。学生時代、住職とよくつるんで遊んでいたが、そろそろ就職…

続きを読む前にランキングをクリック

忘れていたバイクの記憶

2021/04/19

幽霊とかは出てこないけど私の体験?を一つ。最近上京して一人暮らしを始めた私(女ね)。小さい頃から何故か強烈にバイクに対して強い憧れがあって両親には強く反対されていたのだが、自立したのをきっかけにこないだ両親に内緒でバイクの免許を取った。教習所に通って初めてマニュアルのバ…

続きを読む前にランキングをクリック

廃旅館を見つけて

2021/03/28

建物が老朽化で完全に倒壊したため、20年前の話を投下。その温泉旅館は人の往来が少ない県道から更に入った所に1件だけあり、車で30分もかからない場所に栄えた温泉街がある。何でこんな所に?と言いたくなるような立地。古い新聞によると、経営難から老夫婦が駐車場で焼身自殺をしている…

続きを読む前にランキングをクリック

骨董市で買った鬼神像とお地蔵さん

2021/03/05

近畿のあるお寺で開かれる骨董市で仏像と携帯用の小さな木箱に入ったお地蔵さんを買った。今思えば何故そんなものを買おうと思ったのか分からないが、もしかしたら当時の私は、新しい環境になって気が弱まっていたので、何か心の支えになるものが欲しかったのかもしれない。ともかくも少し骨…

続きを読む前にランキングをクリック

この部屋なにか気味が悪いわ

2020/09/10

友人Mが大学生だったころのお話です。名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。ところが、条件がよい物件はことごとく契約済みで、大学よりかなり離れたところにようやく一件見つけることができました。とても古い木造アパートで、…

続きを読む前にランキングをクリック

そいつはニヤニヤ笑っていやがるんだ

2020/08/27

450: あなたのうしろに名無しさんが 04/13(金) 00:31知人に聴いた話である。とある山小屋に泊まったときのこと。部屋に入ったとたん鼻がひん曲がるほど臭気が充満している。部屋の中を丹念に探してみたが臭いの元となるようなモノは無かった。皆、…

続きを読む前にランキングをクリック

出る物件

2020/08/15

俺が家を出て一人暮らしをしようと、不動産屋さんといろいろ家をみて回った日の事。いろいろ見て回った何軒かめのアパート。それまで気さくに話してた不動産屋さんが何やらぎこちない。懐に手を入れて案内してくれた。なんかこう、外国の刑事が銃を抜くような感じで。靴を脱…

続きを読む前にランキングをクリック

縦にならんだ顔

2019/12/09

大学の友達から聞いた話だけど・・・自動車事故にあって鞭打ち症になったAさんは、仕事もできなさそうなので、会社を一週間ほど休むことにした。Aさんは結婚しているが、奥さんは働いてて、昼間は一人だった。最初の数日は気楽だったが、さすがに3日目くらいになると暇をもてあましてきた。…

続きを読む前にランキングをクリック

肝試しを兼ねた旅行

2019/12/05

この間の肝試しの話。俺は女顔のためによく冗談で可愛いと言われてしまう。男の子だからやめてくれって言い続けてたんだが、バイト先でずっといじられるものだから男の子らしいところを見せてやろうと肝試しに行くことになった。どこに肝試しに行くか品定めしてたところ、トンネルやお墓…

続きを読む前にランキングをクリック

君の家の二階の部屋が気になるんだ

2019/08/27

成人した頃に住んでた家、なんでか二階の部屋が気持ち悪く感じてあまり行きたくなかった。部屋に入ると特に理由もなく『青い作業着の顔半分血に染めた男性が睨んでる』というイメージが離れなくなる。丁度その頃、転職活動中で面接に行ったんだが、そこの面接官に面接終わった後に呼び止められた。…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS