「呪い」一覧 (216件)

痩せていった友達

2020/01/24

高校生の頃あった本当の話です。高2の時同じクラスになった野球部のI君はすごい面白いヤツでお互い昼練が無い時はずっとくだらない話をして笑ってました。I君は夏休み前から急に痩せ始めて練習のしすぎじゃないかとかもっと食えとか話したと思うんですが、痩せた原因については分からな…

続きを読む前にランキングをクリック

晴美の末路

2019/11/07

へへへ、おはようございます。流石に皆さん怖い話をしなさる。今日は生憎天気が悪いようで。あの時も丁度今日みたいな雨空だったな。あ、いえね、こっちの話でして。え?聞きたい?そんな事誰も言ってない?はぁはぁ、すみませんね、私も毎日苦しくて。正直この話を誰かに打ち…

続きを読む前にランキングをクリック

悪魔の書

2019/11/05

昔俺は横浜に住んでたんだけれども、俺が厨房の時の話。親父が教会の牧師やってたの。結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。まぁ俺なんて信心深いほうじゃないし、一家の決まり事と言えば、食事の前に軽く祈るくらい。んで割と平穏な日々が続いてた。ある日、姉貴がアン…

続きを読む前にランキングをクリック

虫の呪い

2019/10/29

トラウマになった話の一つ。今考えればあの頃から俺は何かに取り憑かれてたのでは無いかと思う。小学生の時、俺は虫を捕まえる事にハマっていた。しかし、捕まえるだけでは無く、捕まえた虫の大半は虐殺してた。トンボの羽根を両側から引きちぎったり、蝶の羽根をハサミで切って、小石と一緒に…

続きを読む前にランキングをクリック

カン、カン

2019/10/23

幼い頃に体験した、とても恐ろしい出来事について話します。その当時私は小学生で、妹、姉、母親と一緒に、どこにでもあるような小さいアパートに住んでいました。夜になったら、いつも畳の部屋で、家族揃って枕を並べて寝ていました。ある夜、母親が体調を崩し、母に頼まれて私が消灯をすること…

続きを読む前にランキングをクリック

コトリバコ

2019/10/22

俺、暇なときにまとめサイト見てる者です。俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことはないだろうなぁって思ってたんですが、先月あったホットなお話を書き込もうかと思いここに来た次第。一応話の主役の許可は取って書き込んでます。ここなら多くの人が信じてくれそうなので。…

続きを読む前にランキングをクリック

裏S区って呼ばれてる地域

2019/10/20

九州のある地域の話。仮だがS区という地域の山を越えた、裏S区って呼ばれてる地域の話。現在では裏とは言わずに「新S区」って呼ばれてるが、じいちゃんばあちゃんは今でも裏S区と呼んでる。まぁ、裏と言うのは良くない意味を含んでる。この場合の裏は、部落の位置する場所を暗に表してる。…

続きを読む前にランキングをクリック

北関東最凶の心霊スポット

2019/10/18

今から2年ほど前の話です。霊現象とか関係ないですし、皆さんの話に比べると全然小粒なのですが俺にとっては洒落にならない話だったので、箸休め程度に聞いていただけると幸いです。地名をはっきり書きすぎると簡単に場所特定されてしまいますので、若干のフェイクが有ることをお許しください。…

続きを読む前にランキングをクリック

赤い服の女

2019/10/17

三年近く前、泉の広場のところで、ヘンな女がうろついていた。通勤の帰りによく見かけた。三十前後で、赤い色のデザイン古そなドレスっぽい服着てて、小柄で、顔色悪く目がうつろ。髪は背中近くまであって、伸ばしっぱなしに見えた。目立つ服の色となんか独特の雰囲気があって目がいってしまう…

続きを読む前にランキングをクリック

危険な好奇心

2019/10/15

小学生の頃、学校の裏山の奥地に、俺達は秘密基地を造っていた。秘密基地っつっても結構本格的で、複数の板を釘で打ち付けて、雨風を防げる3畳ほどの広さの小屋。放課後にそこでオヤツ食べたり、●本読んだり、まるで俺達だけの家のように使っていた。俺と慎と淳と犬2匹(野良)でそこを使って…

続きを読む前にランキングをクリック

パンドラ・禁后

2019/10/12

私の故郷に伝わっていた「禁后」というものにまつわる話です。どう読むのかは最後までわかりませんでしたが、私たちの間では「パンドラ」と呼ばれていました。私が生まれ育った町は静かでのどかな田舎町でした。目立った遊び場などもない寂れた町だったのですが、一つだけとても目を引くものがあ…

続きを読む前にランキングをクリック

リョウメンスクナ

2019/10/11

俺、建築関係の仕事やってんだけれども、先日、岩手県のとある古いお寺を解体することになったんだわ。今は利用者もないお寺ね。んでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。「~、ちょっと来て」と。俺が行くと、同僚の足元に、黒ずんだ長い木箱が置いてたんだわ。俺「何これ?」同僚「…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

アクセスランキング

RSS