ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「祖母」一覧 (239件)

ひまわりの真似

2021/09/12

私が小学校4年生の夏休みのことでした。3歳下の幼馴染みと、家から1kmほど離れた河原へ 遊びに行きました。「暑いから持って行きなさい。」と、祖母が用意してくれた氷水入りの水筒をさげて、たらたら坂道を下って行きました。河原までは子供の足でも10分そこそこ。 午後の日…

続きを読む前にランキングをクリック

団地の苦情

2021/09/06

母の話。母は父を早くに亡くし、十代の頃は、いわゆる不良というやつだった。高校生だった母はその日、祖母は夜勤の仕事に出掛け、弟(叔父)が部活の合宿でいなかったので、不良仲間を数人自分の住む団地へ呼び、酒にタバコだとワイワイ騒ぎ狂っていた。深夜の2時を過ぎた頃、ピンポ…

続きを読む前にランキングをクリック

死んだら笑え

2021/08/21

去年のちょうど今頃の話なんだが。仕事の関係で俺はほとんど日本にいなかった。で、六ヶ月振りに日本に帰って来たんだよ。帰ってきた港の直ぐ近くに祖母と叔父夫婦が住んでる家があったんで、土産持ってな。んで、いつも通り「おいばばぁ!今年の夏は暑いけどくたばってへんやろなw…

続きを読む前にランキングをクリック

うさぎ男

2021/07/01

昨日の話の中に出てきた従妹の子のお兄ちゃんの話です。その子も3、4歳の時やっぱり「頭の中の友達」がいました。その男の子の歳は自分と同い年で、目が見えないらしいです。ある日その子が自分で止められるはずのないパジャマのボタンを止めきっていて、「誰がやってくれたの?」と聞くと「友…

続きを読む前にランキングをクリック

死守りの声

2021/06/23

柔道五段、がっしりした体格で、土と汗のにおいのするでかい背中。日に焼けた顔。俺がろくでもないことをする度にぶっ飛ばされた、荒れた手。素直じゃなくて憎まれ口ばっかり叩いてた俺は、それでもやっぱりじじいが好きで、だから(自分なりに)親しみを込めてじじいと呼んでいた。俺が今も尊敬…

続きを読む前にランキングをクリック

人の殺し方を教えてやる

2021/05/20

またどこぞの古い家の話。数子はある旧家の長女だった。旧家らしく、いろんなしきたり、決まりごとがあって、小さい子供には非常に住みにくい家だった。親戚もたくさんいて、盆や正月には多くの者たちが本家である数子の家に集まってきた。本家の筋に近く、年齢が上の者ほど偉く振舞う…

続きを読む前にランキングをクリック

親の虐待から守ってくれた祖母

2021/05/17

私の一番古い記憶は三歳。木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来る公園なのだからきっとすぐわかるはず。そのうち、風に揺られてるのかブランコに揺られてるのかわから…

続きを読む前にランキングをクリック

会えない理由

2021/03/10

俺は小さい頃からすごくリアルな夢を見る。物の色や匂い、細部まで鮮明でBGMが付いてくることもある。昼間、その情報量の多い夢の内容をふと思い出して悶々とする事はよくある。そんな俺が最近見た夢の話。俺の父方の祖母とはここ二三年会ってなかった。俺の父と叔父さんとの兄弟仲がすごく…

続きを読む前にランキングをクリック

言葉を発しない息子

2021/01/24

あるところに、父、母、祖母、娘という4人家族が住んでいた。父と母は非常に若いときに結婚し娘を生んだ。しかし、どうしても男の子が欲しくて毎日がんばったのだが、なかなか子供はできなかった。半ばあきらめかけたころ、その執念のような願いが叶い、待望の男の子が産まれた。…

続きを読む前にランキングをクリック

魂には重さがある

2020/12/13

小学生の頃、人間は死んだ後に数十グラム減ってそれが魂の重さっていう眉唾な話を授業中に担任が話した。海外で本当にあった実験らしいのだけれど、小学生に何余計な話しをしているんだと今にして思う。その日の放課後、当番で教室の掃除をしていた時に同じ当番のクラスメートがその話を蒸し返…

続きを読む前にランキングをクリック

絶対に見てはいけない祭

2020/11/29

よくある話といっちゃーよくあるんだけど・・・地元にね、『絶対見てはいけない祭』がある。どんな祭りかっつーと、神社から三日間かけて三つのルートを一日夕方の2~3時間をかけて大名(?)行列が歩く・・・タダそれだけのお祭りらしい。実際関係ない地区に住んでたし、見た事ないから本当かどう…

続きを読む前にランキングをクリック

昔田舎で起こった災い

2020/10/08

これを誰かに話すのははじめてなんだが、暇な奴は聞いてくれ。俺が小学5年の頃の話だ。東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはたいてい俺一人だったが、初孫だった俺を祖父母はいつ…

続きを読む前にランキングをクリック

別れたはずの元カノ

2020/10/07

これは今から20年ほど前に、私が悩まされた体験です。当時私は24歳の会社員で、一人暮らしをしていました。名義が祖母の物件だったので、家賃は格安。経済的にも恵まれていて、快適に過ごしていました。この頃、私には交際歴3年目になる19歳の彼女がいました。彼女は私が一…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS