ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「入院」一覧 (473件)

顔の半分がない霊

2021/08/14

これは私が23歳くらいの時の話です。その夜は女友達と車で夜景でも見に行こうか、という話になり、割と標高が高く、頂上から眺める夜景が綺麗な山に昇る事になりました。ちょうど山道に入る入口の近くまで車が着た時、横道に大きな鳥居が見えました。その鳥居を通り過ぎて5分くらい…

続きを読む前にランキングをクリック

不自然な空き地

2021/07/10

中学3年生の時の話です。私の実家は東京近郊にあるかなり小さな町でした。都市開発で住宅が増えても、未だ田んぼの方が多い様な地域で田んぼの真ん中にある農道と住宅街と田んぼの間にある大きな道の2つが基本的な通学路でした。農道の方が近道なので普段は農道を通っていたのですが、あ…

続きを読む前にランキングをクリック

ボリ

2021/07/05

これは小学校6年生の頃の話俺の田舎で起こった出来事ですその村には、大人から入るなと言われている神社がありました理由を聞いても答えてはくれません俺らは怖い物知らずでバカだったんでまーなにもないと高をくくり、夜に肝試しをすることにしました俺と村の子供4人…

続きを読む前にランキングをクリック

指輪を返して

2021/07/03

大学時代にサークルの先輩から聞いた、当時高校生だった先輩の友達が体験した話です。その先輩は高校時代は部活には入っておらず同好会として放課後十数人でサークルのような活動をしていました。同好会の名の通り部活ではないので部費というものが我当てられるはずも無く、部長もしく…

続きを読む前にランキングをクリック

呪いの店

2021/06/13

創作ではありませんが、会話を中心に脚色しています。何分にも小学5年の頃の話なのでご容赦ください。子供の頃、みんなが顔見知りみたいな商店街の傍に住んでた。商店街は新宿から20分くらいの私鉄の駅前から始まって、中程にパン屋、時計屋、寿司屋が並んでいた。この3軒…

続きを読む前にランキングをクリック

ありがとう、チュリ

2021/05/18

俺、昔犬を飼ってたんだ。名前はチュリって言う雑種なんだけど。賢い犬でまだ小さかった俺のお守りをしていてくれたらしい。両親は共働きで小学校1年のときから鍵っ子だった。家にはチュリがいたから寂しくはなかったんだ。そんなチュリも俺が小5のときに死んでしまったんだ。俺は、…

続きを読む前にランキングをクリック

為松の竹林

2021/03/11

長い話をするので暇なら読んでください。人名は少し変えたけど、地元の実話なのでわかる人が読めばわかるかも。この話が発掘されて、今そこの住人の間でちょっとした騒ぎになってる。「為松の竹林」という昔話です。昔、うちの近くの山の麓に「為松の竹林」と呼ばれていた場所があった。文…

続きを読む前にランキングをクリック

一家惨殺事件のあったアパート

2020/12/15

中学3年の夏休みに友達と肝試し…って言うか軽い気持ちで防空壕跡に行こうってなって、10人以上で一緒に行ったから正確な人数とか誰が一緒だったかもあやふやなんだけど、主要人物はN子、O君、S君と怖がりだったK君の4人くらいなので、その4人を中心に書きます。防空壕跡は実際行って…

続きを読む前にランキングをクリック

霊感のある医者

2020/12/08

肩のコリがとれないって患者が来た。見ると肩のところに女の首がとりついてこっちを見ている。30代に見える。コリの原因がわかったが、医者がそんなこと言うわけにはいかない。処方箋をキーボードで打ち込みながら、それとなくとりついてる女に聞いてみると、一緒に会社を立ち上げ、病気で入…

続きを読む前にランキングをクリック

入院中に出会った人

2020/11/10

高校の頃に入院してた時にずっと横になってたから腰が痛くて少しストレッチも兼ねて院内を歩いてたんだそしたら、俺と同い年位の男子が歩いて来て俺の前で立ち止まったんだそして俺の事じーっと見て「お腹早く治るといいね」って言ったんだ俺その時田舎住みだから内科のベット…

続きを読む前にランキングをクリック

かるさん

2020/09/25

私には双子の姉がいます。これは私達が10歳の頃の冬休みに、家族揃って父の実家へ泊まりに行った時の話です。そこへ行くのは本当に久しぶりで、年の近い親戚や祖父母に会える事がとても楽しみだったのですが、まさかあんな怖い事が起こるだなんて思いもしませんでした。父の実家…

続きを読む前にランキングをクリック

悪意に満ちた顔

2020/08/08

私は数年前まで中学校の教員をやっていた者です。学校というところは、大勢の人間が行き来するだけにさまざまな『気』が澱んでゆく場所のようです。よい意味で清々しい気もあれば、悪意に満ちた気もある…これはそんなことではないかなという私の体験です。私が教員になったばかり…

続きを読む前にランキングをクリック

俺の身代わり

2020/06/23

大学時の先輩のお兄さんの話。お兄さん(オレ)目線でカキコします。オレが高校生の頃の話。自転車乗ってたら事故に合ってしまい脚を複雑骨折し、入院する事になった。いろんな人が見舞いにきてくれた。ある日、親父の古い友人(寺の住職/以下:住)が来てくれたんだけど、い…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS