ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「深夜」一覧 (853件)

深夜のキチガイ客人

2022/06/28

つい最近あった話。やっと落ち着いたので投下します。典型的糞大学生な俺はネトゲにハマってしまい、大学そっちのけで家で深夜までゲームをする毎日を送っていた。もう文字通りPCの画面にかじりついていて、気付いたら外が明るくなってるなんてことは日常茶飯事。留年しちゃう留年しちゃ…

続きを読む前にランキングをクリック

部屋の中に私以外の誰かがいることになる

2022/06/27

私が大学3年になり、一人暮らしを始めてからしばらく経った時のこと。独立してから半年も経つと、生活に慣れてきてしまい、悪い面を言うと私は無用心になった。というのも、出かけるときは鍵をかけないで外出してしまうのだ。部屋には盗られるものもなく、貴重品も金品も置いてない。さらにい…

続きを読む前にランキングをクリック

公園のタヌキ

2022/06/25

東京と言えどタヌキが住んでいるもので、うちの隣の小さな公園にもタヌキが住みつき始めた。たまに家の庭にも親子連れで来るので、私たち一家で微笑ましく見守っていた。ただ、警戒心は犬や野良猫なんかより強く、なかなか近くでお目にかかれることはなかった。深夜散歩していると見かけること…

続きを読む前にランキングをクリック

猫を轢いた

2022/05/24

数年前、漏れはボーイスカウトみたいなもののスタッフをやっていた。子供たちを数十人集めて夏にキャンプをやるのだが、夏にやるためには5月ぐらいにスタッフが現地に行って準備をする。その準備に4人で行った時の話。新宿に21時集合、一路北を目指して出発。ワゴン車一台で行くのだが一番…

続きを読む前にランキングをクリック

道路の真ん中に立つババア

2022/04/29

15年ほど前の話。当時高校生だったオレは深夜3時頃、原付で家路についていた。雨がパラパラ降り出していたので、普段は通らない近道を通ることにした。その道は、かなり大きな公園の外周道路で、道の両サイドが竹やぶになっている。この竹やぶがまた広くて、周辺に民家は全く無い。…

続きを読む前にランキングをクリック

廃墟の社員寮で肝試し

2022/04/19

俺が高校生の時の話だが、まあ聞いてくれ。17歳の高2の夏に、俺とツレのA男で地元にある廃墟の社員寮?で肝試しをする事になった。その廃墟の社員寮は、町はずれにぽつんと建っている寂れた建物で、手入れされていない生い茂った木と雑草に囲まれ、からからに干からびたプール?が…

続きを読む前にランキングをクリック

足の悪い祖母

2022/04/16

この前父方の田舎に帰ったとき近所のスーパーでガキの頃の親友Aに会った。俺が小学生の頃に引っ越して以来10年以上だったが、当時の面影がそのままでお互いにすぐに気が付いた。その時は久しぶり、元気か?なんて軽く話して、夜に呑みながらゆっくり話そうって約束して別れた。ウ…

続きを読む前にランキングをクリック

水界トンネル

2022/04/15

自分が19歳の頃の話、霊感なんて持ち合わせていなくて霊の存在自体に憧れて、「幽霊を見てみたい」って言ったことが始まり。2年間回って一番怖かったのが、県北の廃トンネル。震災後、旧トンネル(廃トンネル)は閉鎖されたみたい。深夜2時過ぎに着くように調整して、国道沿いの駐車場…

続きを読む前にランキングをクリック

道を聞く男

2022/04/13

「あのーちょっと道を教えて欲しいんですけど。」深夜0時頃、コンビニに入ろうと車から降りたところで声を掛けられた。後ろ髪が長い金髪、白いシャツとジーンズで微妙にヤンキーっぽい感じの若い男だ。コンビニの中で聞けよとは思ったが、まあいいかと答えた。俺「いいですよ…

続きを読む前にランキングをクリック

面(オモテ)さん

2022/04/06

あれは三年前、俺が大学4年生のころ。結構早く内定が出たから遊び回ってたんだ。彼女とか友達と毎晩遊んでたんだけど、ある時なんだかみんなと予定が合わない日が続いたんだよね。まあ、暇になったってこと。ほんで、もうすぐ夏休みだったし、久しぶりに爺ちゃんに会いに行こうと思っ…

続きを読む前にランキングをクリック

コンビニに出る幽霊

2022/03/30

深夜バイトを始めて2年経った頃、近くのコンビニがオープニングスタッフ募集をしていた。給料もいいし家から近いのでそこで始めてみる事にした。働くまで知らなかったんだが深夜一人で、週4で働いてたから、常連なんかはすぐ覚えてしまった。その中に一人、凄く綺麗なお姉さんがいた。明る…

続きを読む前にランキングをクリック

牛の墓

2022/03/25

私が通っていた高校は、数年前に改築され今では近代的な姿に変貌を遂げているが、在学中はどこもかしこも古めかしい学校だった。歴史だけは県下有数というこの学校に、昔からひっそりと語り継がれているという、ある怪談話の伝説があった。それは通称「牛の墓の話」という名前なのだが、タイトル…

続きを読む前にランキングをクリック

真夜中のニタニタ女

2022/03/03

大学時代、横浜に住んでいた時の実体験。友達と飲んだり、サークル活動やゼミ長もやっていたため大学の行事で夜遅く帰ることがよくあった。俺の住んでたアパートは、国道から外れた狭い路地に入って行って、約300メートルくらいその道沿いを歩いて行った道の左側にあった。昼間でさ…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS