ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「天井」一覧 (417件)

異様な出来事が起きるマンション

2021/02/28

もう7年前、まだ俺が学生だった頃の話。入学した時から半年近く住んでいたアパートが、どうも不動産屋のミスで二重契約状態だったらしく、裁判になって俺は期限内に出て行かないといけなくなってしまった。不動産屋が菓子折りもって謝りに来て、期限内には必ず条件に合う空き部屋を探…

続きを読む前にランキングをクリック

引っ越しの日に見つけた開かずの扉

2021/02/21

母から聞いた1番怖かった話。昔、母は引っ越し屋のチーフをしていた。ある日請け負った仕事は一軒家の引っ越しだったが平日だった為、前日までに梱包を終わらせて積み込み当日はその家のお母さんだけが家に残っていた。引っ越しチームが荷物をトラックに積み込み、うちの母と依頼人の…

続きを読む前にランキングをクリック

笑っている死体

2021/02/06

知人に聴いた話である。とある山小屋に泊まったときのこと。部屋に入ったとたん鼻がひん曲がるほど臭気が充満している。部屋の中を丹念に探してみたが臭いの元となるようなモノは無かった。皆、首を傾げることしきり。しかし、このままではここで寝ることも出来ない。仲間の一人が押入を…

続きを読む前にランキングをクリック

母ちゃんが迎えに来た

2021/02/04

父親の親戚の話。その親戚の人(仮にAさんとしておく)は、農作業中に誤って振り下ろした鍬を自分の足にヒットさせてしまい、足を大怪我してしまった。医療技術も進歩していない昔でおまけに片田舎であったから、Aさんは片足切断の上、死線を2~3日さまよったそうだ。それもどうにか小…

続きを読む前にランキングをクリック

漫画のアシスタントをしていた時に

2021/01/19

4年ほど前、売れない漫画家をしていた時に某マイナー系の雑誌でそこそこ人気のあった漫画家さんのところに3日間という約束でアシスタントをしに行ったときの話です。引っ越したばかりの狭いながらも新築で綺麗で清潔そうなマンションで、その漫画家先生も修羅場の割には穏やかだし、先輩のアシ…

続きを読む前にランキングをクリック

10cmくらいの人間

2021/01/13

ある4人家族がとある地方の旅館に宿泊。深夜に娘か母親がトイレで惨殺されているのが発見された。全身を刃物で滅多刺しにされ、顔面は誰だか判別がつかなくなる程斬り付けられていた。死体には舌がなかった。トイレには格子のついた幅30cm、高さ10cm程の窓と小さな通風孔があったが、とて…

続きを読む前にランキングをクリック

廊下の外の騒がしい声

2021/01/02

仕事の出張で大阪の駅近くのホテルにチェックインした。夜遅く、仕事も済ませもう寝ようかとしてた時、部屋の扉の外の廊下に人がいる気配がする。そっと覗いてみても誰もいない。気のせいかとベッドに潜り込んでしばらくするとやはり廊下、それも扉のすぐ外に人がザワザワいる物音と気配。また…

続きを読む前にランキングをクリック

屋根裏の引っかき傷

2020/11/23

俺ん家田舎の大きい家なんで、家と蔵が繋がってるんです。蔵は夏でもひんやりしてるんで、暑い時とかよく昼寝してたんです。で、どこの蔵もそうなのかはわからなんですが、床に空気を取り込む穴というか格子状の枠にムシロというか畳の表をのせただけというか、そういう構造のところがあるんで…

続きを読む前にランキングをクリック

姉の顔は違っていた

2020/11/13

結構前に変な経験したことを思い出したので、駄文ながら書いてみたいと思う。中3の夏休みのとある日の昼ぐらいだったかな。その日は昼飯を済ませ、宿題云々も終わってたし部屋でゲームでもしようかな、と思って俺の部屋に戻るとベランダ側の窓が閉まっていた。「何でこんなクソ暑いのに窓閉ま…

続きを読む前にランキングをクリック

獣の脚

2020/11/12

大した話じゃないけど、おれが昔働いてた職場での話。職種は食品の卸売業、おれはそこで配送と事務をやってた。で、会社の倉庫があるんだが、そこは元々ボロボロの体育館を改築して横に無理矢理事務所を増築してくっつけたものだったんだ。その倉庫には中2階があり、隅っこに備え付けられ…

続きを読む前にランキングをクリック

気持ちの悪い夢

2020/10/25

小学生の頃、風邪にかかったのか急に熱が出た。高熱でフラフラ、天井ってグルグル回るんだなぁと実感したのを覚えている。ずっと熱かった身体が急に寒くなり、震えが止まらない。真冬みたいな寒さでもう死ぬんじゃないかと怖くなって、ベッドから飛び降りてフラフラしながら家族のいる居間へ。…

続きを読む前にランキングをクリック

呪われた研究室

2020/09/05

これは私が関東地方のある国立大学で助手をしていたときに実際に経験した話である。このようなことが続くと、何事もうまくいかないのが世の常であるから、いまは退職して別の仕事に就いている。思い出すだけでも気が滅入る話を書き記そうと思う。私が勤務していた研究室には、…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS