「天井」一覧 (98件)

血だらけの女

2020/05/18

これは自分が体験した実話です。もうかれこれ8年ほど前の出来事なのですが、用事で池袋へ出かけ家に帰ろうとパルコの前を歩いていました。自分はけっこう下を向いて歩く癖があるのですが、向かいから人が来たのでフッと目線を上げました。その瞬間自分は金縛りにあってしまい…

続きを読む前にランキングをクリック

笑顔の男

2020/04/23

ちょうど5年前の話。当時大学生だった俺は、高校の頃に組んだバンドの活動に明け暮れ学校にもろくに行かずライヴハウスとアパートを行き来する毎日を送っていた。夜はほぼ毎日と言っていいほどライヴハウスでバンド仲間と共に酒をのみ、始発の電車にのってアパートに帰る。そんで寝て…

続きを読む前にランキングをクリック

いびつな袋には毛筆でびっしりと文字が書いてあった

2020/04/13

もう何年も前の体験だ。確か青森県内だった。出張で1泊するために安い宿を探して適当に決めたホテルがあった。そこは口コミもまぁひどくはなかったし、何より安かった。俺のとこは宿泊代が定額で支給されていたから、少しでも安くして出張費を浮かせようとしたわけだ。仕事を終え…

続きを読む前にランキングをクリック

かんのけ坂

2020/03/28

今年の2月に起きた本当の話。そろそろ自分の中でも整理ができてきたので投下する。今大学4年で就職も決まり学校生活も落ち着いたので、念願の車の免許を取るべく免許合宿に行ったんだ。俺の地元は近畿なんだが、合宿場所は中国地方だった。そこで地元が同じである4人の大学生…

続きを読む前にランキングをクリック

お母さんの声ではなかった

2020/02/28

年の離れた弟が居て弟がまだ3歳位の時に母親が亡くなったそれからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたんだけれど二回忌を迎えた辺りで弟が家の中にお母さんが居るって言い出したいつ見るの?って聞くと夜中に目が覚めたら枕元に立っていたり一人でいると遊んでく…

続きを読む前にランキングをクリック

帰ってきた気配

2019/12/20

夜遅く帰ると「あれ 今帰ってきたの?」と母が言った。そうだと答えると「ふうん。」と首をひねってから私に背を向けた。何か合点がいかないようだった。多少気になったものの飯を食べ終わる頃には、そんな事 忘れてしまった。何日か後。夜遅く帰ると…

続きを読む前にランキングをクリック

奇行が目立つ隣人

2019/12/02

未遂で終わったけど今までで一番怖かった話やたらと推測が多いけれど堪忍してほしい小学校3年くらいだった頃、一時期俺は小さなマンションで暮らしていた。爺ちゃんから譲ってもらった家をリフォームするとかで、期間としてはだいたい半年くらいだったかな。古くてかび臭いマンシ…

続きを読む前にランキングをクリック

古い看護婦寮

2019/11/13

87: 七誌さん 02/11(日) 15:36これはまだ私が日本に居た時の話なんで10年くらい前です。もうすでにその寮は取り壊されているし、かなりの年月も経っているので文章にしてみました。いまだに当時の細部まではっきりと覚えています。私の人生の中でこのような体験はこの1…

続きを読む前にランキングをクリック

遺族には言えない

2019/10/29

怖いか怖くないかは置いといて、友人から風邪が長引いてるからどこか良い病院を知らないかと聞かれて、飲み屋のオバチャンの話を思い出したわ飲み屋も不景気らしく昼間病院で清掃のアルバイトをしててたまにオペ後の清掃もやるらしくその現場を見て愕然としたらしい辺りが血の海でまるで…

続きを読む前にランキングをクリック

カン、カン

2019/10/23

幼い頃に体験した、とても恐ろしい出来事について話します。その当時私は小学生で、妹、姉、母親と一緒に、どこにでもあるような小さいアパートに住んでいました。夜になったら、いつも畳の部屋で、家族揃って枕を並べて寝ていました。ある夜、母親が体調を崩し、母に頼まれて私が消灯をすること…

続きを読む前にランキングをクリック

コトリバコ

2019/10/22

俺、暇なときにまとめサイト見てる者です。俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことはないだろうなぁって思ってたんですが、先月あったホットなお話を書き込もうかと思いここに来た次第。一応話の主役の許可は取って書き込んでます。ここなら多くの人が信じてくれそうなので。…

続きを読む前にランキングをクリック

三つの選択

2019/10/20

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを思い付いた。嘘をつきながら喋る。そしてそれを皆で聞いて酒の肴にする。くだらないゲームだ。だけ…

続きを読む前にランキングをクリック

おじゃま道草

2019/10/19

7年前の6月、夜10時ごろ、自宅の電話がなりました。いつになく、どきっとする音だったのを覚えています。ミュージシャンの馬場君からでした。「どうもオカシイ、口では説明できない。夜分申し訳ないが、来てみてほしい」とのこと。馬場君はバンドの合宿所として、川越に近い、ある一軒家に…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS