ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「階段」一覧 (927件)

疲れているような女

2024/07/17

ちょっと前までなんとも思ってなかった体験ですが、今思うと尋常じゃなく怖いので話します。昨年の9月、勤務先の事務所が移転し、道路に面した大きく綺麗な建物になりました。引越し作業に夢中になっていると、いつの間にかお昼時になっていました。先輩が「よし、飯食うか。」と言い…

続きを読む前にランキングをクリック

前を歩いていた者は誰だったのか

2024/07/09

今から11年前、俺がまだ小学生だった頃の話。あらかじめ言っておくけど多分怖い話じゃなくて不思議な話だと思う。当時俺が通っていた学校は少し小さな田舎の学校だった。もちろん毎日ダラダラと遊びながら過ごしていたのだが、5年生の夏になるとイベントがあるのだ。自然体験学習という田…

続きを読む前にランキングをクリック

一家惨殺事件のアパート

2024/06/30

ちょっと書かせてもらいます中学3年の夏休みに友達と肝試しって言うか軽い気持ちで防空壕跡に行こうってなって10人以上で一緒に行ったから 正確な人数とか誰が一緒だったかもあやふやなんだけど主要人物はN子 O君 S君 と 怖がりだったK君 の4人くらいなのでその…

続きを読む前にランキングをクリック

訪ねてきた頭のおかしい女

2024/06/27

池袋から徒歩圏内、家賃3万という家に住んでいたトキワ荘的な、玄関が一箇所で廊下にそれぞれのドアがある、トイレも共同という今ではなかなか珍しい物件である当時はライブハウスで仕事していたために収入も少なくまた職場まで自転車で通えなくもないということで友人からの紹介…

続きを読む前にランキングをクリック

自殺現場の怪異

2024/06/25

当時、俺の友人Aが住んでた団地にはわりとベタな怪談があった5年ぐらい前にそこの2階の住人が自殺したんだけど、その人は自殺当日の夜11時判頃にエレベーターで2階から8階まで上がって、そこから手すり乗り越えて飛び降りて死んだんだよねちょうど帰宅したサラリーマンがエレベータ…

続きを読む前にランキングをクリック

夜中の暖かい風

2024/06/13

いつか書こうと思ってた話をようやく書こうと思う。私が中学生の頃、当時は不良で夜うち抜け出して一晩中街灯もない街にいるとか心霊スポット行くとかしてたから怖い話にも耐性はついてたはずだった。ちょうどお盆の頃だ。家族でお墓参りをし、久々に会った親戚とかもいて疲れてた。親…

続きを読む前にランキングをクリック

階段を登る足音

2024/06/11

子供のころ家の二階で寝ていて、夜中に物音で目を覚ました。階段から誰かが上がってくる音で、部屋の前で止まった。気配はあるがドアが開かず、親かな?どうしたのかな?と思っていたら、また下から誰かが階段を上がる音が聞こえた。今度は祖母かな?と思っていたら、また部屋の前…

続きを読む前にランキングをクリック

訓練だよ

2024/06/10

俺が高校生の時の話だが、まあ聞いてくれ。17歳の高2の夏に、俺とツレのA男で、地元にある廃墟の社員寮?で肝試しをする事になった。その廃墟の社員寮は、町はずれにぽつんと建っている寂れた建物で、手入れされていない生い茂った木と雑草に囲まれ、からからに干からびた…

続きを読む前にランキングをクリック

呪いの店

2024/04/28

子供の頃、みんなが顔見知りみたいな商店街の傍に住んでた。商店街は新宿から20分くらいの私鉄の駅前から始まって、中程にパン屋、時計屋、寿司屋が並んでいた。この3軒は同じ大屋さんの物件で、向かいには葬儀屋があった。小3の終り頃、ずっと休業していた時計屋さんがうどん屋さ…

続きを読む前にランキングをクリック

おいでおいで婆さん

2024/04/19

こわい話と言うか御相談なんですが、御盆に家族で実家のお墓参りに行った際、息子(3歳)が、帰りに誰かにバイバイの仕草をしまして、回りには他の参拝者も見当たらず、お墓の祖父(息子の曾祖父)にむけてバイバイしたのかなっとその時はあまり気に停めてなかったんですが。後日息子に、…

続きを読む前にランキングをクリック

私を呼ぶパパが死ぬ夢

2024/04/05

子供というものは不思議な力や能力を持っていて、大人になるにつれそれらが消えていく。皆さんもよく聞くことでしょう。私が5歳の時によく「正夢」を見る事が出来た。私が1番覚えていて今でもトラウマの夢は「パパが恐竜に食べられる夢」だ。どこかの遊園地で私、姉、ママ、パパ、おじいち…

続きを読む前にランキングをクリック

女性になでられる夢

2024/04/02

これは家で俺が留守番してたときの話。俺は一人でテレビを見て留守番をしていた。夜の九時頃眠くなり2階の自分の部屋で寝ようと思ったときだった。階段で急に体が重くなったのだ。まるで背中に誰かを背負っているかのような重さで普段はまったく軋まない階段も軋んでいたのを覚え…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS