ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「供養」一覧 (169件)

故人のビデオメッセージ

2020/09/30

会社の同僚が亡くなった。フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で、休みがあればあっちの山、こっちの崖へと常に出かけていた。亡くなる半年くらい前だっ…

続きを読む前にランキングをクリック

この部屋なにか気味が悪いわ

2020/09/10

友人Mが大学生だったころのお話です。名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。ところが、条件がよい物件はことごとく契約済みで、大学よりかなり離れたところにようやく一件見つけることができました。とても古い木造アパートで、…

続きを読む前にランキングをクリック

市松人形の怪

2020/08/25

押し入れに一体の市松人形が眠っていた。厳重に包まれて桐の箱に大事そうに入っていおりその為あって保存状態はすばらしく良かった。長く黒い髪、白い肌、赤い蝶の刺繍が入った着物。これは高く売れると質屋に持っていった。質屋もその人形をたいそう気に入りガラス窓の一番目につ…

続きを読む前にランキングをクリック

病院で撮った最後の写真

2020/08/18

ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんは、まだその子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろうと思い、病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。結局それから一週間ほどで急に容体が…

続きを読む前にランキングをクリック

時を超えて届いた手紙

2020/07/03

東京に上京している専門学校生の友人から聞いた話です。千葉県…といっても比較的東京寄りの地域に住んでいる女性がいました。彼女は気立てがやさしく正義感の強い、25歳程の女性(A子さんとします)で、5歳年上の会社員の彼氏と同姓しており彼女自身も東京の都心に近い場所にある会社に某私鉄…

続きを読む前にランキングをクリック

幽霊スポットに行こう

2020/04/20

怖いか分からないけど、個人的に怖かった心霊話知り合いのAさんが地元の友達四人と花火しにいったらしい(場所忘れたけど荒川区だったような…)そのあと、近くにそこら辺では有名な幽霊スポットがあるみたいらしく、お酒も入っていたし、皆で騒ぎながら行こうってなったらしいそこの…

続きを読む前にランキングをクリック

未練

2019/11/06

GW中に爺様婆様の家に行った。婆様は看護婦だった。私「何か怖い話しない?」婆様「う~ん、ないねぇ。何号室の誰々さんが出たとか、解剖の後に人魂が・・・とか聞いたけどねぇ」私「そっかぁ」婆様「ナースステーションに何人かでいたときカラカラって病室のドアが開く…

続きを読む前にランキングをクリック

黒いのが憑いてるよ

2019/10/29

以前、学校の先生をしていた頃の話です。ある時、生徒が「先生、右肩痛くない?」と聞いてきたんだ。たしかに、数日前から凝ってるとはちょっと違った妙な鈍痛があった。「おお、ちょっと痛いかな。そんなのよくわかったな?w」「うん、だって、肩に黒い影が憑いてるもん」ただ、憑いてると…

続きを読む前にランキングをクリック

コトリバコ

2019/10/22

俺、暇なときにまとめサイト見てる者です。俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことはないだろうなぁって思ってたんですが、先月あったホットなお話を書き込もうかと思いここに来た次第。一応話の主役の許可は取って書き込んでます。ここなら多くの人が信じてくれそうなので。…

続きを読む前にランキングをクリック

姦姦蛇螺

2019/10/22

小中学の頃は田舎もんで世間知らずで、特に仲の良かったA、Bと三人で毎日バカやって荒れた生活してたんだわ。オレとAは家族にもまるっきり見放されてたんだが、Bはお母さんだけは必ず構ってくれてた。あくまで厳しい態度でだけど、何だかんだ言ってBのためにいろいろと動いてくれてた。その…

続きを読む前にランキングをクリック

裏S区って呼ばれてる地域

2019/10/20

九州のある地域の話。仮だがS区という地域の山を越えた、裏S区って呼ばれてる地域の話。現在では裏とは言わずに「新S区」って呼ばれてるが、じいちゃんばあちゃんは今でも裏S区と呼んでる。まぁ、裏と言うのは良くない意味を含んでる。この場合の裏は、部落の位置する場所を暗に表してる。…

続きを読む前にランキングをクリック

おじゃま道草

2019/10/19

7年前の6月、夜10時ごろ、自宅の電話がなりました。いつになく、どきっとする音だったのを覚えています。ミュージシャンの馬場君からでした。「どうもオカシイ、口では説明できない。夜分申し訳ないが、来てみてほしい」とのこと。馬場君はバンドの合宿所として、川越に近い、ある一軒家に…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS