ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「小学生」一覧 (652件)

遺書

2020/11/17

他者にとって怖いかどうかは解りませんが、私にとっては唯一であり、かなり洒落にならないくらい怖かった出来事。実話ですが、時間が経った今は、もしかしたら夢だったんじゃないかと思ってます。もう20年近く前のことですが、私は大学生でした。サークル仲間総勢20人ほどで、伊豆の…

続きを読む前にランキングをクリック

背を向けて立っている女の子

2020/10/30

私は職業柄、深夜遅くまで自宅で作業している事が多い。そんなある日の深夜、ふと窓に何かがぶつかる音がした。夏だったら私の自宅は田舎なので、カナブンか何かだろうと思うが、その時の季節は冬だ。不審に思った私は部屋の換気もかねて、窓を開けて外を見てみる事にした。家は一…

続きを読む前にランキングをクリック

気持ちの悪い夢

2020/10/25

小学生の頃、風邪にかかったのか急に熱が出た。高熱でフラフラ、天井ってグルグル回るんだなぁと実感したのを覚えている。ずっと熱かった身体が急に寒くなり、震えが止まらない。真冬みたいな寒さでもう死ぬんじゃないかと怖くなって、ベッドから飛び降りてフラフラしながら家族のいる居間へ。…

続きを読む前にランキングをクリック

骨を食べている!

2020/10/01

父方の祖母が亡くなった時のこと。通夜の時、親戚が座る席に見知らぬ男性がいた。父方の親戚たちは毎年集まる習慣があったのだが、その男性の姿は一度も見たことがなかった。母にそっと「あの人誰?」と聞くと、父の兄だという答えが返ってきた。当時私は小学生だったので…

続きを読む前にランキングをクリック

谷底の声

2020/09/24

これは小学5年生の頃の話、一番恐ろしかった。これ以上の体験は、後にも先にも無い。内容が内容だけに信じてくれない人も居るが、俺は確かに見た、と思っている。そして見たのは俺一人じゃない。親の後に付いて山中の獣道を歩いてた。季節は夏。周囲は夕闇が迫って来ていた。…

続きを読む前にランキングをクリック

トイレのオバサン

2020/09/21

学校のトイレって怖いよな、怪談に事欠かない舞台だと思うよ。昔の学校のトイレっていうのはやけに薄暗くて、それでいて何となくひんやりした空気がある。特に放課後ともなると人の気配が無くなって、その空気の冷たさが際立つんだろうな。最近は綺麗なトイレの学校も多くあるらしいが、…

続きを読む前にランキングをクリック

母の白い顔

2020/09/11

小学生の頃、夜ふと目覚め、隣(1メートル位先)に寝ている母親の頭部のあたりにぼんやりと視線を向けた。真っ暗闇の中に慣れない視界のせいであろう、次の瞬間、母の頭部が向こう側を向いているのかそれともこっちを向いているのか、わからない事に気づいた。異様な緊張を覚え…

続きを読む前にランキングをクリック

背後には浴衣姿の女が映っていた

2020/09/06

家族で鳥取県に旅行に行ったときの話です。私が小学生だった頃、私の家族は夏休みに父の実家がある鳥取県に旅行に行くのがお決まりでした。実家に4、5泊した後、温泉旅館に1、2泊というのが多かったと思います。話はその温泉旅館での事です。その頃、私は思春期に差し…

続きを読む前にランキングをクリック

ガムの笑い話

2020/07/29

もう20年くらい前の中学生の時に聞いた話。小学生の時からとても仲の良かった友人二人が学校帰りに、近所の小さなスーパー前を通りかかったときにこんな事があったそうだ。大学生風の大人の男の人から声をかけられた。「ガムあげるよ」二人は子供ながらに怪しみもせず喜んで…

続きを読む前にランキングをクリック

子供というのは水、火、石に執着を見せるものだ

2020/07/24

ゴールデンウィークに孫たちが帰省しなかったことへの寂しさからか祖母が電話口で興味深いことを言ってた。子供というのは何かに執着を見せるものだ。その対象は、水、火、石だ、と。男児に多いとも言ってた。それぞれに危険があり、その子が何に執着をみせるのか知るためにも、…

続きを読む前にランキングをクリック

それは何の骨?

2020/07/01

久しぶりに祖母の元へ帰省した時の話。子どもの頃、帰省のたびに遊んでいた近所の神社へ甥っ子を連れて出かけた。着いてみると、記憶よりもこじんまりした境内だったが、遊具がそっくり当時のままで、おかしかったけど嬉しかった。砂場には小学生が5人位いる。夏休みだなあと思い、一層昔を懐…

続きを読む前にランキングをクリック

残された爺さん

2020/06/30

20年くらい前に俺が経験した話。小学校に上がりたてだった俺はさっそく出来た友達と毎日のように遊んでた。その友達の家は学校から見て山の反対側にあって小学生の足じゃ1時間ぐらいかかるようなところにあった。で、その友達の家の周りには田んぼしかなかったんだけど、友達の家の向かい側に…

続きを読む前にランキングをクリック

つんぼゆすり

2020/06/29

子供のころ伯父がよく話してくれたことです。僕の家は昔から東京にあったのですが戦時中、本土空爆がはじまるころに祖母と当時小学生の伯父の二人で田舎の親類を頼って疎開したそうです。まだ僕の父も生まれていないころでした。戦争が終わっても東京はかなり治安が悪かったそうで、すぐに…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS