ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「小学生」一覧 (722件)

殺しちゃったんだって

2022/11/27

まだファミコンが出たばかりだった、俺が小学生時代の話。近所に大学生の兄ちゃんがいた。地元の国立大に行ってて穏やかな人だったから、うちの母ちゃんが家庭教師をお願いしたのがきっかけで仲良くなった。そのうち、その兄ちゃんがファミコンを持ってるってことを知って、俺を含めて…

続きを読む前にランキングをクリック

雪山の白い人

2022/11/23

私の知人に、山田(仮名)という、マタギと言うか、猟師の男がいた。専業の猟師ではなくて、本業を別に持っている、季節限定猟師だ。何年も前の冬、山田が連絡をよこした。当時山田の山(彼の持ち山ではなくて、猟をする山)に、スキー場を作る話があって山田は環境保護団体と一緒に建…

続きを読む前にランキングをクリック

墓石に小便をかけていかん?

2022/11/16

小三くらいの時にあった話(今21)。読みにくいかも試練が。夏に子ども会の七夕・夕涼み会がある。その日は毎年、子ども会の子と親が集会所(自分たちは会場と言ってた)に集まって、飲み食い→花火→会場で就寝 という流れになってた。この会場、はしごの様な階段やボットン便所等…

続きを読む前にランキングをクリック

大阪はどこですか

2022/11/13

大学の友人二人が体験した事です。この話はあまり出回っていないと思いますが、既出だったらすみません。当時友人二人は大学のサークルに入っていまして、そのサークルはサークルぐるみでバイトをしていました。私も何度か参加しましたが、大手スポーツクラブが主催している、小学生の…

続きを読む前にランキングをクリック

体育館にある鏡

2022/11/10

夢か現実かわかんないけど俺の記憶にある話。俺が小学生くらいの時のある日の夕方。俺は家でテレビを観ていた。やっていたのはニュース番組で、別に特に興味も持たずボーっと見ていたら変なニュースが報道された。事件があったのはどこかの中学校の体育館で、女生徒が体育館にある…

続きを読む前にランキングをクリック

一緒に死ねたのに

2022/11/02

小学生のお盆時期の話です。毎年母の田舎で大きなお祭りをやっていて毎年この時期それを見に行っていました。祭りは3日間行われるのですが1日目で張り切りすぎてしまったせいか2日目体調が優れず祖母の家の2階で横になっていました。夕方になって2つ下の妹が「ねえ、お祭り行こう…

続きを読む前にランキングをクリック

便所の外から聞こえる声

2022/10/30

もう十年以上前の話です。当時小学生だった私は鹿児島の山奥に住んでいました。外灯も一切無く畑と林しか無いような場所で、夜はほんとに真っ暗でした。田舎ではよく見られる構造だと思うんですが、うちは庭にトイレがありました。しかも、いわゆるぼっとん便所というやつです。小さい頃…

続きを読む前にランキングをクリック

トウモロコシ

2022/10/26

トウモロコシが食卓に上る季節になると我が家では必ず語られる話。今では70歳近い母親が、小4のときに体験した話だ。ひとりっ子の母は、当時、母の祖母・両親と一緒に田舎で暮らしていた。そこは小さな村落で、近隣どうしは家庭の内情などにもよく通じていた。母の両親は村に珍…

続きを読む前にランキングをクリック

光の玉を見た

2022/10/25

まだ誰にも話していないお話しです。少し長くなりますが、おつきあい下さい。十数年前の話。私が6歳、兄が8歳の時だろうか。私たちは、お盆休みを利用して、両親と4人で父の実家に遊びに行った。その日はとても晴れていて、気持ちが良い日だった。夜になっても雲一つ…

続きを読む前にランキングをクリック

姿を見せない子供

2022/10/07

こないだ幼なじみの家に遊び行った時の話。幼なじみは24歳で長男、兄弟は弟21歳、妹20歳。家が歩いて4、5分の距離だからいっつも俺は幼なじみの家にお邪魔する。だから弟とも妹とも会ったら色々話するし、幼なじみから兄弟の話もよく聞く。幼なじみは夜勤してるので、遊ぶ約束し…

続きを読む前にランキングをクリック

感受性が強い子供

2022/10/04

皆さん初めまして。いつもROMしてます。実は、小学生の子供がいるんですがその子がちょっと変わってまして・・・感受性が強く、しっかり者で時々諭される事もあったりします。3歳位の頃に墓参りに連れて行ったところ何もない木の上を指差し「おじさんが寝てるよ」どんなに目を…

続きを読む前にランキングをクリック

もう手遅れね

2022/10/03

五歳上の従姉妹の話。何だかおかしな人で、彼女と関わったことで奇妙な体験をいくつかした。今から話すのはその中の一つ。まだ俺が小学生だった頃、近所にせいちゃんと呼ばれている人が住んでいた。三十代の一人やもめ、痩身の、気弱そうに笑う犬好きなおじさんだった。たまに捨て犬を…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS