「留守番」一覧 (94件)

近鉄の使われていないトンネル

2020/01/11

卒研で、実験のデータ待ちで徹夜中、同じ研究室のAが、話しかけてきた。「なんで、近鉄ってストライキがないか知ってる?」Aによると、奈良と大阪を結ぶトンネルを建設中に大事故があり、会社倒産の危機だったが従業員と会社が一致地団結して乗り切ったため、今でもストライキがないのだとい…

続きを読む前にランキングをクリック

おばあちゃんと霊柩車

2019/12/22

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。おばあちゃんはもともとはとても気だてのよい人だったらしいのですが、数年前から寝たきりになり、だんだん偏屈になってしまい、介護をする母親に向かってねちねちと愚痴や嫌味をいうばかりでなく「あんたたちは私が早…

続きを読む前にランキングをクリック

留守番初日

2019/09/24

ありがちかも知れんが霊的な実体験を。中学3年の頃に曾祖母が亡くなったのだが、葬式に行くには北海道に行かなければいけなかった。しかし、私は高校の入試試験があり、両親だけが北海道に帰り、私は一人で東京の家で留守番。留守番初日。朝方の四時過ぎに目を覚ました。私の部屋はベ…

続きを読む前にランキングをクリック

魔女猫

2019/08/17

もう十数年前の話。私が生まれる前に、野良→家猫になった黒猫(♀)がいました。私が生まれた時点で、推定年齢20歳の魔女猫でした。黒猫(クロ)は幼稚園児になった私の留守番相手で、両親も「ちょっと出掛けてくるから、この子の面倒見ていてね」と、猫に話し掛けていました。両親は私に「…

続きを読む前にランキングをクリック

留守番しながらゲームをしていた

2019/08/08

10年ほど前、小学生だった私は家で一人、留守番をしていました。母親に注意もされず伸び伸びとゲームが出来、ご満悦でした。ふと、電話がかかってきて出てみると、籠もった男の声で『お母さんはあと20分ほどで帰るよ』とだけ言うと切れてしまいました。「?」と思いながらも子供なのであまり…

続きを読む前にランキングをクリック

庭で柴犬を飼っていた

2019/08/01

昔、庭で柴犬を飼っていた。賢い犬で、人に吠え掛かるということがほとんどなかった。ある日、同居の祖父が亡くなった。弔問客やら業者やらいろんな人が出入りするので、邪魔にならないように彼を家の裏に繋ぎかえた。1日放置されたのに吼えることも鳴くこともしなかった彼が、祖父の棺を運び…

続きを読む前にランキングをクリック

会社を辞めた新人

2019/07/15

自分は昔、小さな会社の事務のバイトをしていた。経理を担当してる社長の娘ワカナは、たまに出勤しては営業の男と外食をしたり、好き勝手わがまま放題をしていた。まぁ社長令嬢だしそんなもんかな。ある日(自分が休みだった)、新人事務の女の子が操作ミスをしてしまった。ミス自体はたいし…

続きを読む前にランキングをクリック

一人で留守番

2019/07/11

私の祖父は保護司をしていたんだ。その為、祖父のお世話になった人達が保護者などを伴って、時々挨拶に訪れる事もあった。私が中学生の時、祖父が亡くなった。祖父が亡くなってからしばらくしたある日、私が家で一人で留守番をしていた時、高校生くらいの男の子が二人、家にやって来た。一…

続きを読む前にランキングをクリック

お祭りにいきたい

2019/07/08

私がぜんぜん覚えていなかった話。私が中学生のときに、母方の祖母が亡くなりました。そのとき私は初めて田舎の祖母の家に行きました。祖母の家は関東にしては相当な田舎で、田んぼや丘(山というほどではない)に囲まれた場所でした。暑い夏の盛りで、学校の制服がひどく蒸れたのを覚えて…

続きを読む前にランキングをクリック

伯母からの電話

2019/06/27

いまだに謎な電話の話。一回目は中学生の時。一人で留守番してたら電話がなった。親戚の伯母からだったんだけど、なんかおかしかった。『あ、○○ちゃん?あれ?今日休みなの?』「学校だったよ。帰ってきて留守番中。オカン買い物にいって居ないよー」『えっ?学校?仕事辞めてどこか学校…

続きを読む前にランキングをクリック

若々しい母

2019/06/25

僕は一人で留守番していた。家族は親戚も含めて車で出かけていた。朝からいやな予感に襲われていた。何かそわそわしていた。僕は意味もなく家の中をそわそわと動き、昔使っていていた部屋、今は兄家族が来たときに寝るための部屋へ来ていた。そこに別な理由で用が有り、何かを取りに来た。そこに…

続きを読む前にランキングをクリック

小さいころ祖父が病院で死んだ

2019/06/25

小さいころ祖父が病院で死んだ。両親と駆けつけたときはもう霊安室だった。両親はじめ親戚みんなばたばたする中、どんな拍子かオレだけ霊安室に残されることになった。「線香は絶対切らさんようにね」と念を押されて、オレは素直に線香をじっと見続けていた。どれぐらい経ったろうか、…

続きを読む前にランキングをクリック

いんじゃんほい!

2019/06/16

子供の時の事。当時、社宅住まいだったのだけど、そこの玄関ドアののぞき穴は、直接目をつけてのぞかなくても、スコープの写した映像を拡大表示する四角い窓みたいのがついてた。昔だったので、幼稚園から帰って母親が社宅の寄合とかで呼ばれると、一人で留守番してた。そう言う時に時々玄…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

アクセスランキング

RSS