ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「布団」一覧 (921件)

交通量調査のアルバイトにて

2021/09/17

もう少しで1年が経とうとしている昨年の話だ。11月も中旬を越えた日曜日の朝、私は交通量調査のアルバイトで自宅から電車で30分程離れた見知らぬ町の見知らぬ交差点でパイプ椅子に腰掛けてたんだ。その日は晴れで朝のうちは肌寒かったんだが、昼にはポカポカ陽気になって羽織ってた上…

続きを読む前にランキングをクリック

叔父の葬式

2021/08/29

これは俺が高校生の時に叔父の葬式に行ったときの話。2,3年前から寝たきりだった叔父が亡くなってしまい、俺は叔父の家に葬式の準備をするために母親と親父と三人で行った。時間は朝の8時。俺は座布団や、花、線香の整理など準備をしていと、人が一人一人、また一人と次々に人が入っ…

続きを読む前にランキングをクリック

コンセント

2021/08/20

最初に気付いたのは散らかった部屋を、僕の彼女が片付けてくれた時だった。僕は物を片付けるのが苦手で、一人暮らしをしている狭いアパートはごみ袋やら、色々な小物で埋め尽くされていて、結構な状態だったから。といってもテレビで出てくるほどのゴミ屋敷ってわけでもなくて、ちゃん…

続きを読む前にランキングをクリック

肉が切れる

2021/08/04

俺はサラリーマンなんだけど、ここんところ仕事上の悩みがあってね。したら知り合いから、これを枕の下に敷いて寝たらちょっとした予言を夢で見ることができるっていう和紙に描いた絵をもらったのよ。なんでも地元じゃ有名な宗教団体から出たものらしかった。それが振り袖を着て正座し…

続きを読む前にランキングをクリック

実家の地下室

2021/07/17

30年以上前の話某県にある民宿を営む実家は古くから増改築を繰り返していて、地下室がいくつかあったなかには全く使わなくなった場所もあって、ガキの頃冒険気分で友達数人と懐中電灯片手に入り込んでたある時、中から人の気配を感じたが探してみても誰もいないよく調べるとカ…

続きを読む前にランキングをクリック

死守りの声

2021/06/23

柔道五段、がっしりした体格で、土と汗のにおいのするでかい背中。日に焼けた顔。俺がろくでもないことをする度にぶっ飛ばされた、荒れた手。素直じゃなくて憎まれ口ばっかり叩いてた俺は、それでもやっぱりじじいが好きで、だから(自分なりに)親しみを込めてじじいと呼んでいた。俺が今も尊敬…

続きを読む前にランキングをクリック

顔の穴

2021/06/11

文章を書くのが苦手なのでお手柔らかに・・。自分が小学生のとき体験した話です。小学校の裏に小さな山があって、そこには地元では有名な神社があり、学校の帰りにいつも友達とかくれんぼなどをして遊んた。日が暮れてかくれんぼも終わり、友達と集まっていると、…

続きを読む前にランキングをクリック

幽霊が出るアパート

2021/06/05

最近引っ越したアパートの隣人の事。ここは学生や単身者がほとんどなので、引越しあいさつなどは特に無い。(あいさつに行っても、生活時間がまちまちで会えない事が多いから)自分が入居してしばらくすると、深夜隣から声がする事に気が付いた。隣に住んでるんだから声がしてもおかし…

続きを読む前にランキングをクリック

アパートの壁を叩く音

2021/06/03

大学に合格した春、家からは遠い大学への通学のためアパートを借りることにしました。部屋を探し始めたのは3月も終わりごろ。探し始めるのが遅かったため、手頃な物件はほぼ埋まっていていて、大学の近場で金額的にも納得できる物件となると数が限られていました。結局、借りることに…

続きを読む前にランキングをクリック

何かから逃げる夢

2021/05/29

この前、先輩とメールしてて10時頃に無意識の内に寝ちゃってた。で、ふと目を覚ましたら消したはずも無いのに電気が消えてた。親はその日居なかったから「妹かな」とか思って、とりあえず喉渇いてたから、電気消えたまんまの自室を出て台所に行ってウーロン茶飲んで、ついでに時計見た。確か…

続きを読む前にランキングをクリック

スリッパがない

2021/05/27

私が体験した話。中学の修学旅行で、京都に行った時のこと。ある旅館(ホテルかも)に宿泊した。そこはかなり大きくて、高台に本館があり川か谷を挟んで別館が建っていました。私達は別館の方に宿泊しました。かなりこじんまりした簡素な部屋でした。荷物を片付け部屋を出ようとしたら…

続きを読む前にランキングをクリック

ありがとう、チュリ

2021/05/18

俺、昔犬を飼ってたんだ。名前はチュリって言う雑種なんだけど。賢い犬でまだ小さかった俺のお守りをしていてくれたらしい。両親は共働きで小学校1年のときから鍵っ子だった。家にはチュリがいたから寂しくはなかったんだ。そんなチュリも俺が小5のときに死んでしまったんだ。俺は、…

続きを読む前にランキングをクリック

親の虐待から守ってくれた祖母

2021/05/17

私の一番古い記憶は三歳。木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来る公園なのだからきっとすぐわかるはず。そのうち、風に揺られてるのかブランコに揺られてるのかわから…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS