「恨み」一覧 (75件)

カシマさん、カシマさん、カシマさん

2019/12/30

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩いていた時不幸にも数人の米兵にレイプされその後殺すにも苦しみながら死んでいくのを楽しむため体の…

続きを読む前にランキングをクリック

コトリバコ

2019/10/22

俺、暇なときにまとめサイト見てる者です。俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことはないだろうなぁって思ってたんですが、先月あったホットなお話を書き込もうかと思いここに来た次第。一応話の主役の許可は取って書き込んでます。ここなら多くの人が信じてくれそうなので。…

続きを読む前にランキングをクリック

リョウメンスクナ

2019/10/11

俺、建築関係の仕事やってんだけれども、先日、岩手県のとある古いお寺を解体することになったんだわ。今は利用者もないお寺ね。んでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。「~、ちょっと来て」と。俺が行くと、同僚の足元に、黒ずんだ長い木箱が置いてたんだわ。俺「何これ?」同僚「…

続きを読む前にランキングをクリック

人形が大の苦手

2019/09/13

私は人形が大の苦手で、人形のいる部屋でご飯食べられないし、雑誌とかテレビに映るだけでも嫌で、触れるなんて事はもってのほか。前まではディズニーランドとか人形の多い場所に行くだけで具合が悪くなってた・・・自分では何でそんなに人形がダメなのか分からなかったんだけど、母にある写真を見せ…

続きを読む前にランキングをクリック

始まりはテレビの異常

2019/07/13

ここしばらくは何も起きなかったのだが、つい最近になってまた奇妙な体験をした。5ヶ月ほど前から会社の寮に移ったのだが、テレビもなかったので、1ヶ月ほど前に近所の電器屋で安物のテレビを購入。深夜寝付けないときに、ダラダラとテレビを観るなりしていた。この前も会社から帰ってきて…

続きを読む前にランキングをクリック

留守電に変なメッセージ

2019/06/30

引っ越したばかりの頃、留守電にしばしば変なメッセージが入った。なんか人の多そうなザワザワした音を背景に、暗いトーンの女の声で、『……あーあ、嫌だ嫌だ…やることいっぱいあるのに…何で私ばっかり…』みたいな、独り言みたいな文句をブツブツ呟く声が入ってて、しばらくすると切れる。…

続きを読む前にランキングをクリック

戦場の男と女

2019/06/16

うちのじいちゃんはもう亡くなったけど、医者で太平洋戦争の時は若かったから、(24歳くらい?)軍医というわけではなかったけど、従軍して東南アジアのほうに行ったらしい。もちろん、おもな仕事は兵隊の健康管理や負傷兵の治療で、「少ない医者だったから、みんな大切にしてくれたよ(本人談)…

続きを読む前にランキングをクリック

積年の恨み

2019/05/29

身内の犯罪だったので当時そんなにひっぱられることはなかったんだけど、結構ショックだった事件。中年(50代くらい)の男が、実父を手製の武器で(竿の端に刃か包丁をつけた?)刺殺。遺体を家から少し離れたところまでひきづり持って行き、『自分の妻に暴力を振るうものは、こうなる。…

続きを読む前にランキングをクリック

本当のお父さんは…

2019/05/27

俺はずっと爺ちゃんちで育った。母の里帰り出産~子育ての間に、父が浮気や借金をしてたせいらしい。物心ついたときには義父が母の婿になってたから、本当の父のことなんか全然知らないし、父がいなかった時期のことも記憶にない。俺が義父の息子じゃないことは、俺が結婚するときに初めて教え…

続きを読む前にランキングをクリック

採用面接

2019/05/26

これは俺の知り合いの友人の話です・・・。今から話す出来事の起こった町では当時、物騒なことに連続放火事件が発生してまして、死人は今のところなく全てぼやですんでいたものの、危険なことに代わりはない。火をつけられる家は、一般家庭も会社も空き地も節操がない。そういう前提の元、読ん…

続きを読む前にランキングをクリック

×田○朗

2019/05/25

おばけとかじゃないんだけど、最近あった不可解な話。ケータイの予測変換ってあるじゃん。『あ』って打ったら、履歴みたく『あれ』とか『あの』とか、使った順に表示する機能。私がメールしすぎなのか、履歴の長期保管がされない(?)のか、例えばA子って名前を使ったとしても、1…

続きを読む前にランキングをクリック

担当患者さんの容態が急変した

2019/05/24

大学時代の同期にAという男がいます。在学中は一緒に馬鹿をやった中ですが、今は専門を違えており、なかなか会う機会もありません。そんな彼に久々に会ったときの事。お互いに昼飯に行くところだったので、連れ立って昼を食べていると、Aが奇妙なことを言いだました。「俺さ、全く怖…

続きを読む前にランキングをクリック

田舎の空き地

2019/05/03

高校生の頃に霊感が一番ピークだった弟の話。弟には小さい頃から霊感の強い友達がいる。(仮にAとする)その日、学校帰りにAの家に遊びに行く途中の事。なにぶん田舎なもので、近くにコンビニすらない。しかし、家には飲み物もないということで、自販機で買うことに。その場所は、Aの家ま…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

アクセスランキング

RSS