ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「猫」一覧 (363件)

あいちゃん

2021/09/08

まぁ勝手に書くわごめん。10年位前かな?実家で飼ってた犬が居たんだ。俺が小学校に上がる時に姉貴が子犬を連れて来たんだよ。その犬は雑種の雌でね、当時はよちよち歩きだったけど物凄く賢い奴でさ。子犬なのに絶対粗相もせず必ず散歩の時にしかおしっこや排便をしなかった。我慢強く賢い犬だ…

続きを読む前にランキングをクリック

様子がおかしい家

2021/08/26

俺が小学生のころの話なんで、生憎断片的にいくつかしか覚えてないんだが。親父の友達に警察官(まだ交番勤務だったんかな?)の人がいたんだよ。俺と兄弟は皆、「おっちゃん」て呼んでたけどまだそのときは若かったとは思うんだ。それで、たまーに遊びに来てウチの親父と酒飲みながら語るわけだ…

続きを読む前にランキングをクリック

女友達の話

2021/08/06

怖いと言うか気持ち悪い話細かい会話とかは覚えてないので適当だが…俺の中学時代からの女友達の話。仮に佳織としておく。もともと小学校も同じで、五年、六年と同じクラスだったが、話すことなんてなかった。もともと一人でいることのほうが多い子だったと思う。中学に進んで、同じ小学校から来…

続きを読む前にランキングをクリック

絡み合う大樹

2021/07/12

これは、三年程前、私がアルバイトをしていた時、その旅行先で起きた出来事です。三年程前、私はアルバイトで、とある学習塾の講師をしていました。今テレビ等でCMが流れている様な学習塾程大手ではありませんでしたが、地元ではそこそこ有名な塾で、通っている生徒さんも沢山いました。…

続きを読む前にランキングをクリック

猫好きだった友達

2021/06/09

小学生の時の話。当時の俺には一人の友達がいた。その友達は大の猫好きで、近所の公園に居着いている野良猫を良く一緒に可愛がっていた。夏休みに入った頃、友達が車に轢かれて死んだ。道路に飛び出した猫を助けるためだった。葬式の時、猫好きのあいつらしい死に方だなあ…と、そんな事を考え…

続きを読む前にランキングをクリック

私が写るはずが無い

2021/04/28

皆さんは写真に写るはずが無い物と言ったら何を思い浮かべるでしょうか?心霊写真とかは別に写ってもおかしい物ではないと思います。私は心霊写真が写らない方がおかしいと思います。理由は心霊はこの世にいるからです。 本題に入ります。10月3日の夜8時頃、私は彼女と2人で家で食事を…

続きを読む前にランキングをクリック

忘れていたバイクの記憶

2021/04/19

幽霊とかは出てこないけど私の体験?を一つ。最近上京して一人暮らしを始めた私(女ね)。小さい頃から何故か強烈にバイクに対して強い憧れがあって両親には強く反対されていたのだが、自立したのをきっかけにこないだ両親に内緒でバイクの免許を取った。教習所に通って初めてマニュアルのバ…

続きを読む前にランキングをクリック

黒猫と老夫婦

2021/04/03

お母さんが小さい頃近くの親戚の家と実家の間に老夫婦の家があった。その家には黒猫がいてよく遊んだらしい。そこのおばあちゃんはよく近所の人に「死にたい、死にたい」と漏らしていた。老人二人きりの生活に疲れてたんだと思う。ある日、そのおばあちゃんは殺された。近所の人の話に…

続きを読む前にランキングをクリック

猫の感触

2021/04/02

厨房からの友達の兄の話。そいつん家は猫飼ってる。猫って寒いと人の布団に入って一緒に寝てきたりするらしい。だから、いつでも猫がベッドに入って来られるように部屋のドアを半開きにしたまま寝てて、夜中に近くで物音がした。「あぁ、猫だろうな」と思って起きずにそのまま朦朧とし…

続きを読む前にランキングをクリック

廃旅館を見つけて

2021/03/28

建物が老朽化で完全に倒壊したため、20年前の話を投下。その温泉旅館は人の往来が少ない県道から更に入った所に1件だけあり、車で30分もかからない場所に栄えた温泉街がある。何でこんな所に?と言いたくなるような立地。古い新聞によると、経営難から老夫婦が駐車場で焼身自殺をしている…

続きを読む前にランキングをクリック

為松の竹林

2021/03/11

長い話をするので暇なら読んでください。人名は少し変えたけど、地元の実話なのでわかる人が読めばわかるかも。この話が発掘されて、今そこの住人の間でちょっとした騒ぎになってる。「為松の竹林」という昔話です。昔、うちの近くの山の麓に「為松の竹林」と呼ばれていた場所があった。文…

続きを読む前にランキングをクリック

サリーさんのよく当たる占い

2021/02/23

30年程前から地元の駅前に夜になるとたまに現われる占いの婆さんがいた。その婆さんの占いはよく当たると評判で、地元の人間達は彼女を「サリーさん」と呼んで親しんだ。※(魔法使いサ〇ーが由来と思われ、某メリーさんとは関係ない)いつも閉店後の銀行の前に簡素な机と椅子、そして提灯に「…

続きを読む前にランキングをクリック

カエルのキーホルダー

2020/12/22

俺が中学生のときに体験した話。あれは確か中2の夏だったと思う。部活も入ってなかった俺は授業は終わったらすぐ帰るいわゆる帰宅部ってやつだったんだが、その日いつものようにすぐ帰ろうと下駄箱の蓋を開けると、なかにあれ?と思うものが入ってたんだ。それは親指サイズのカエルを模したキ…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS