ネット上に存在する不思議で怖い話を
読みやすく編集・修正してまとめました

「目撃」一覧 (166件)

病院に行く理由

2023/03/06

俺が大分前に親父から聞いた話。昔友達と車を走らせて、知り合った女の子を車に乗せたそうだ。話を聞くとその娘は病院に行くそうなので送ってあげることにした。そこでなんで病院にいくか聞いたところ、そのいきさつを語ってくれた。その娘は女子大生であるサークル(部活?)に入っ…

続きを読む前にランキングをクリック

くねくねを見たのかもしれない

2023/02/12

よく書き込みで見るくねくねとは少し違うがくねくねを見たのかもしれない。2、3年前の話だが。当時俺は家から徒歩10分の場所でバイトをしていてバイト先までは徒歩で通ってたんだ。そのバイト先から家までの道の途中に50mくらいの一本道があるんだけど、その一本道ってのが幽霊…

続きを読む前にランキングをクリック

カーテンの向こう側から

2023/01/11

私が幼稚園のときの話。私は小学校に入るまで祖母の家に暮らしてて、そこでもたまに不思議な体験をしてたんだけど、ある夜に1階の部屋でくつろいでたら、掃き出し窓にかかっているカーテンが動いてることに気づいた。何かがカーテンの向こう側からこちらに向かって来ようとしてるみたいだっ…

続きを読む前にランキングをクリック

火葬場の解体

2022/11/20

うちの実家のある市の火葬場の話。今は立て替えられて新しくなっているのだが、古い建物の時は煙突の高さが足りず十分に高い場所まで排煙できずまた焼却炉も古く性能が十分ではなかったため、近隣の畑や民家から焼いた際の煙が臭うと批判&気味悪がられていた。そのため立て替える計…

続きを読む前にランキングをクリック

卵の殻

2022/09/20

知り合いの、警察関係者に聞いた話です。去年、この近くであったバラバラ殺人事件、覚えてますか?若い女性の部屋で、男のバラバラ死体がみつかったってやつ。その話です。ああ、別にスプラッタな話しようってわけじゃありません。状況はそうですけど(笑)。その女性、仮に英子さんとしておき…

続きを読む前にランキングをクリック

良くない場所ってあるんだよね

2022/09/09

かれこれ15年前の話、高校生の頃の話。実家は東京の郊外、2階建ての貸家だったんだけど、その地域はニュータウンで山などを切り崩して宅地にしていた地域らしく、しょっちゅう怪奇現象が起きていた。毎夜のラップ音はもちろん、人生で金縛りにあったのもこの時だけだ。うちで一…

続きを読む前にランキングをクリック

禁足地

2022/09/08

まとめるの下手で長い&読みにくかったらすみません。自分的には凄い怖かったんだけど…。初めて旦那の家に行ったのが11年前、私が18歳の時。当時旦那は父親と大喧嘩の末半絶縁状態で、実家から離れた祖母の家にずっと住んでて、私も彼の家に行く時は祖母の家に遊びにいってた…

続きを読む前にランキングをクリック

使われていない角部屋

2022/06/30

山奥の田舎に住んでいた子供の頃の話です。小学生も低学年の頃は親と一緒に寝るのが当たり前ですが、高学年になってくるとやはり自分の部屋が欲しくなり、兄と姉のように自分の部屋が欲しいと、ある日母にねだりました。その頃ちょうど2階の角部屋が開いていたので、そこをくれと頼み…

続きを読む前にランキングをクリック

重なる偶然

2022/06/03

Aは「自分にそっくりな人」に出会ったそうだ。そのそっくりな人は一言だけ喋って駆け出したのでよく確認してないそうだけど、その場にいた友人一同も目撃していて「双子か兄弟かと思ったよ」だそうだ。で、それだけなら「似ている人に出会った」話で終わりなんだけど、Aが似ている人…

続きを読む前にランキングをクリック

神社から連れてきちゃったかも

2022/05/12

私が小3の夏休みの話。ド田舎なんだけど、地域の子供会の毎年恒例行事で、七夕会があった。七夕はもう過ぎてるけど、要するに皆で集まって、出し物(クイズとか)をしたり、カレーを作ったりっていうお楽しみ会。基本、参加者は子供で、小さな神社の社務所(普段は地域の集会所として…

続きを読む前にランキングをクリック

ケンムン

2022/02/10

奄美大島には、昔からカッパに似たけむくじゃらの妖怪・ケンムンがいると言い伝えられております。子供のような小さな背丈で体はけむくじゃら、山羊の臭いをもち、頭にはさらがありよく山や海で人を化かすと伝えられています。10年前、家族でめずらしく怪談話で盛り上がっていると、ふと…

続きを読む前にランキングをクリック

蛍光色のパーカー

2021/12/25

兄から聞いた話。兄の友達がある時仲間と一緒に富士の樹海でキャンプをすることになった。昼過ぎに樹海に着いて、キャンプに適した場所はないかと樹海の中をうろうろしていた。歩いている最中に樹海の奥に蛍光色のパーカーを着たおっさんがいるのを目撃した。兄の友達は「樹海の管理人か何かだ…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のカテゴリ

RSS